ボイストレーニング方法

ギターとボイトレ

ギターを非常に高いレベルで演奏することを考えてみると、声についての考え方が変わります。声は楽器とよくいいますがボーっとああそうなんだではなく深くまで追求してみることでボイストレーニングに生かすことが可能です。

ギターでは音を出すことは簡単です。音を出すだけならボーカルと一緒で楽ですね。弦をはじけばいいだけですから。しかし単に音が出ているだけで「演奏」とはいえるものではなく音が出ているだけです。

ギターを弾くというのは狙った音程を正確に出せるということになります。ドレミという音程のメロディがあるならドレミの音が出る部分の弦を押さえて弾く必要がありますね。ギターを弾く人にとってはそこまでは簡単ですが、本当にうまいギタリストとは同じフレーズでも明らかに聞こえ方が違います。同じ音の高さの繫がりを出しているのにです。
プロのミュージシャンとなぜ差がでてくるのでしょうか?

ギターにたとえるならそれは一つはリズム感でしょうし、右手の使い方でしょう。ピックをどのような角度でどのくらいの強さで弦に当てていくのかまで気遣って音を出していくのです。練習の段階でも右手のニュアンスは繰り返し弾く琴で体に覚えさせていきます。何度も繰り返してステージでいつでもいい音ができるように練習を重ねていくわけです。

果たしてボーカルの声は楽器とはいうものの、そこまで自分の声がそういう風に出ているか考えて歌っている人がどの位いるでしょうか?高い声が出れば満足しているし、メロディが合っていれば良しとはしていないでしょうか?たしかに正しいメロディが歌えていれば御地ではないといえますがボーカリストとしてのボイストレーニングとしてはあまりにもレベルの低い話です。ギタリストが「ああ、そのコードなら押さえ方がわかる」と言うようなものですね。

「歌の声が楽器」という考え方は声帯のつくりに置き換えると非常に難解な科学的な話になってしまいますが、そうではなくて出したい音(楽器なら音ですし、ボーカルなら声)はやわらかいのか、硬いのか大きいのか弱いのか、息を混ぜたいのか、歌を歌うときにも考えてみましょうね。それが歌い方であり、ボイストレーニングで磨いていく部分です。

体の使い方でコントロールしていく部分なので繰り返しボイストレーニングが必要になってきます。
一度楽器の音について知っておくのもいいかもしれませんよ。
例えばギターのサイトならこういうブログとか。「アコギの音
音楽タグ:ボイトレ ギター

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

米米CLUBのステージング

米米CLUBって大いに参考になると思うんです。ライブパフォーマンスにおいて。ボーカリストは声が勝負ではあるし、だからこそボイストレーニングもするし喉や体調の管理もします。夏はクーラーを控えたり、辛いものを食べなかったりしたり、プロのシンガーは節制をして自分のビ気である声を大事にしているんですね。
米米CLUBが参考に、というのはボーカリストの声という以外の武器も優れているという点です。米米CLUBは昨年4月から活動を再開しましたが、米米CLUBはこの間も六本木ヒルズアリーナで納涼“米”踊り大会を開催したそうです。
新曲「WE ARE MUSIC!」のダンスコンテストを無料招待した888人の米米CLUBファンと一緒に行ったそうです。歌はうまいんだけどお客さんが呼べないというようなバンドにはまねして欲しい「パフォーマンス」の要素。
カラオケで歌に自信がなくてもステージングがたけていればそれでその場を盛り上げることもできるでしょうし、ステージパフォーマンスは大切なポイントですね。らいぶで思い通りのステージングをするためには歌い方を考えていてはできません。
だからこそ日ごろのボイストレーニングで体にしみこませるのですね。
これはすごいな!
と思えるミュージシャンのステージングも研究してみましょう。
それをまねしながら練習どおりの歌が歌えるかどうかです。
音楽タグ:米米CLUB

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

もう一度、妻を口説こう

ラヴ・バラードのコンピレーション・アルバム「もう一度、妻を口説こう。」というキャッチコピーで話題になったCDアルバム「R35 Sweet J-Ballads」をご存知でしょうか?2007年4月に発売されたCDなのですが今回「R35 もう一度、妻を口説こう。メドレー」としてカラオケ配信が決定したそうです。

曲目はこの8曲

  • 1.何も言えなくて…夏/J-WALK

  • 2.Get Along Together/山根康弘

  • 3.君がいるだけで/米米CLUB

  • 4.SAY YES/CHAGE & ASKA

  • 5.夏の日の1993/class

  • 6.離したくはない/T-BOLAN

  • 7.TRUE LOVE/藤井フミヤ

  • 8.シングルベッド/シャ乱Q



これら超有名な曲を歌えますか?
しっているなら一度度歌って、その歌を録音してみましょう。
そしてそのあと聞き比べです。

驚くくらいに細かい部分で間違いがあることがわかってきます。間違いというと語弊がありますが、プロシンガーと自分の声、歌の差がそこです。フレーズをどこまで伸ばすのか、息のタイミングがどうなのか?知っている曲だけに思い込みで自分の楽な方向で歌ってしまっていたと思います。

誰もが楽しんで歌えるようにと、同作の担当ディレクターが「歌いやすさ」をポイントに選曲した「R35 Sweet J-Ballads」ですが複雑なメロディではない分、声そのものを問われると思います。
ボイストレーニングにもいい素材になる曲だなあ。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

リラックスは難しい

リラックスについて考えてみます。
いい声を出すためによく、自然体で立ち喉や体に力を入れずに歌う、などといったりしますが、リラックスは体が固い人にとっては非常に大変です。意識すればするほど返って筋肉に余計な力が入ってしまいます。
声帯に(喉)力が入っていなくても背中やお腹、または両足に力みがあることでスムーズな呼吸が妨げられ、必要以上の息を使ってしまい、歌のフレーズをのばすことができなくなることもあります。
この点においてボイストレーニングはスポーツによく似ているなと思います。
歌は声帯を微妙に動かしてコントロールするわけではなく、体全体を使う作業ですからリラックスした状態で行わなくてはうまく歌えません。
ただしいリズムも体に緊張のない状態ですばやく動ける姿勢を作れていないとうまく取れないでしょう。
そこでリラックスを得るための方法としてストレッチがあったり、スポーツ理論を取り入れていく余地があると感じています。
この間書いた4スタンス理論もそうした理由からです。
自分の体の重心を知ることでより楽な姿勢を保てるようになり、リラックスした状態でボイストレーニングを続けることが可能になってきます。今、このことについてはまとめているところですので、完成私大メール配信していきます。
ボイトレだからといって声そのものだけにとらわれすぎるよりも、体を楽器と考えたときに、よりいい学期にするための方法も考えていきたいですね。ボーカリストにとっての理想の体とはどんなものでしょうか?
少し考えてみましょうね。
音楽タグ:リラックス

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

姿勢とリラックス

よくリラックスしていい声を出すために(腹式呼吸を出し方のアドバイスとして)仰向けに寝転がって歌ってみるというのがありますね。立って状態もしくは座って緊張しない姿勢を作るのが難しいのは肩こりや腰痛に悩まされる方は良くわかると思います。
自然に立っているつもりでも知らないうちに力が入ってしまい首や肩・腰に力が入っているのでしょう。
これではとてもリラックスしたフォームで伸びのある歌は歌えません。
そこで重力から開放されるために寝転がって歌ってみるボイストレーニング方法が存在しているわけです。
わたしの場合も体が基本的に硬いので何度重力のないところで発声練習したいなと思ったことか・・・声を出しているときにどういう体の使い方をしているのか常に意識を持って発声しましょう。同じように歌うために最も適した姿勢を手に入れるためには姿勢に対して強い意識が必要になってきます。姿勢をよくしようと意識すればするほど背中に力が入ってしまったりもすると思います。鏡の前で体の状態を見たり、力が入らない姿勢を探すのは自分の歌うときのフォームを見つけるためにぜひやっておきたい項目ですね。
正しい姿勢を持っていれば動きながら歌っても長時間ボイストレーニングしても体自体に痛みを訴えることはないでしょう。
逆に無理に力んだ姿勢ではわずかな間の発声練習でも体中が疲れます。
音楽タグ:姿勢

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

倍音の実験

今、声の実験をしています。

何かって言うと、いろんなアーティストの倍音やビブラートのかかり方、声の音量を比べています。これらを波形にして比べてるというわけです。直接ボイストレーニングになるわけではないけれど参考になるボーカリストの声を解剖する意味では耳で聞くよりも目で見る波形のほうがどういうビブラートなのかとか、倍音の出方がよくわかります。
高い声にはたとえ低い声で歌った声でも高い周波数の倍音が含まれています。
わかりにくいかもしれないですが、楽器のチューニングで使うA(ラ)の音は440Hzです。
しかし楽器や声の音はこの440Hzだけが鳴っているのではなく、その倍数の音が含まれていて、多ければ多いほど豊かな音になると考えてもいいと思います。
コーラスでドとソの音を重ねたときにミの音が聞こえることがありますが、これは倍音の影響ですね。

歌の実験としてはどういう歌い方をすると倍音が増えるのか?
そのときの息の使い方はどういうものか?
というところです。
もしも使いこなせれば一人で歌っているのにハモっているような厚みのある音色を得られるってわけですよ。

これらの結果はそのうち公開しようと思います。
自分の声を理解するのはボイストレーニングに非常に大切ですから、こういうものもたまにはありです。
音楽タグ:倍音

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。