ボイストレーニング方法

防音室

防音室は中古でも何十万円もするのでなかなか歌の練習がしたいからといって簡単に導入できるものでもありませんね。 防音室もレンタルをしている業者もありますが、つきづきのことを考えるとやっぱりね。それならきちんとしたボイストレーニング教室に通ってしまう方が効果的かもとも思います。防音室の価格は本格的に防音室をつくりピアノやドラムでも気にならないくらいに強力な防音設備にしようとすると大変な価格で100万円するものも出てきます。ヤマハの防音室などはレンタルしてるからどうしても自宅で歌の練習や楽器の演奏、ボイストレーニングをするならばあったほうがいいんですけど、防音室を自作するにしてもこだわってどんな音量にも負けない防音室を構築しようとするとやはりそれなりにかかってしまうし、なにより防音室を作る労力を考えるとその分、歌の練習をしたくなっちゃいますね。
今日言いたいのは、音は漏れないようにするのは結構大変なんだよ!ということです。防音室を例にすれば完全な防音を自宅で得るにはどれだけの壁の厚さが必要になることか。
以外に自分の声がどの位、どこまで届いているのかって、わかりにくいものじゃないですか?最適な音量で歌を歌えているのか、自分に聞こえている声と周囲に聞こえている声の違いによく耳を済ませる必要がありますね。
また、防音室の設計を考えていくと音の方向や伝達の仕方の勉強が必要になってきますが、こうしたことはボイストレーニングに取り入れる余地が十分にあります、音の伝達性をわかった上で発生を始めるとより、声が楽器だということが意識できます。
とはいえ、たのしく歌うこともとても大事ですけれどね。
音楽タグ:防音室

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

シンガーソングライター

シンガーソングライターが歌を今よりもよりうまく歌いたいと思ったときに、意外と発声練習そのものを必死に行って歌の練習をするよりもいつも抱えているアコースティックギターの練習をしたほうが近道だったなんてケースがありました。
アコギの場合、うまい演奏ならばそれだけで歌がうまく聞こえるものです。お腹から響いてくるギターの振動につられて声の共鳴がしやすくなったり、正確なギターのリズムを刻むことで歌のリズム感も出てきたり、いいこと尽くめです。
最低限歌に集中できるくらいの演奏は出来ていたいものです。
そんなシンガーソングライターの弾くのに向いているといわれ続けているのがギブソンのハミングバードというアコギです。
なぜこのアコギがボーカル用とまでいわれているのでしょうか?
それは声の周波数とかぶってしまう中音域よりも低音や高音部分がくっきりと出るギターであり、歯切れのいいサウンドが売りなことと、ボーカリストがステージで歌うときにもう一つ必要なビジュアル面でゴージャスでインパクトのあるギターだからでしょう。
シンガーソングライターのスタイルというのは歌が第一だとして、次に来るのが演奏ですが、もしもギターを弾き語るスタイルをとっておられるのなら、ひょっとするとそちらの練習も必要かもしれませんね。
楽器の練習をすることでボイストレーニングを再開したときの気づきも必ず変わってきます。
例えば体が楽器であるというたとえがより、鮮明に体感できるようになるでしょう。東京などの都内にもたくさんのシンガーソングライターが折られますが、将来的にバンドでやりたいと思っていても自分で演奏が出来るだけでアレンジの注文なども、歌を中心に、なぜその弾き方をして欲しいのか?
なども明確に伝えられるようになります。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。