ボイストレーニング方法

楽器フェア

楽器フェアっていうのがパシフィコ横浜で開催中です。このフェアは何かというと日本中の楽器店が協賛し、各有名メーカーの高級ギターを展示しているんです。
アコースティックギター好きにはたまらない楽器フェアなのですが、おふざけボイストレーニングふでは妄想ボーカルフェアを今回は開催します。
ギターの値段ってぴんからきりまでありますよね?
10000円でおつりが来る初心者入門用のアコギがあるかと思えば、戦前のマーティンD-45のように何百、何千万円という楽器も存在する。
シンガーの声が楽器だとするならば、そこにもこの価格差のようが妄想のボーカルフェアにも個体差が出てくるわけです。
歌の場合、音痴で音が外れてしまうというのはプレイヤーのテクニックが上げられます。ギターで言うと指が思ったところを押さえられていなかったり、ピックを持つ手が操れていない状態。
歌い手としてはここはクリアしたいわけですが、先天的な音痴はほとんどいないので、これもボイストレーニングで改善は可能です。
では、楽器フェアに展示されるボーカリストの声を比較してみましょう。
高い楽器、つまりうまいボーカルと定義するならば、初心者向けのものと何が違うのでしょうか?先ほど書いたように音を外す、外さないはどのボーカルもクリアしているとして、そこにも声の良し悪しはありますが、うまい人の声は何が違うのか考えて欲しくて書いています。
一ついえることは、うまい人のほうが10倍も大きな声を出せるわけではないということです。
これはだれでもわかることです。
ギターも同じで、いい学期が大きな音がでるというのはcgほっと違います。
それよりも違いとして受け止めるのは音色ですよね?
ギターも声も。
同じ音量、同じ高さの音が声として発せられたときに、なぜうまいとか感動するとか、まあまあとか思うのかは意識するだけで歌い手として一段上に行くことが出来ます。

いていることがわかるでしょうか?
下手文ですみませんね。。
音楽タグ:楽器フェア

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。