ボイストレーニング方法

個人レッスンか団体レッスンか?

ボイストレーニング教室でのレッスンスタイルについて解説しましょう。(自宅で行うボイストレーニングについては割愛します)
通常ボイストレーニングは、個人レッスンによるマンツーマンで教えてくれる方法か、何人かで教室を開いて行う団体レッスンがあります。
(発声練習もビブラートのテレーニングも歌がうまくなるための練習というのは結局歌う、声を出す、ということが前提なのはいうまでもありません)
ボイストレーニング個人レッスン

1人1人にもっとも合った指導が期待でき、レベルに応じた指導ができるのでおすすめなレッスン方法です。
誰の気兼ねなく歌を歌えるのもいいことです。
(音痴で人前で歌うのが恥ずかしいなんて方もいるはずですからこのボイストレーニング方法のスタイルがいいでしょう)
その日の体調なども考慮した指導や、悪い癖の矯正もしやすいという利点があります。
風邪でもひいて喉が痛いときに、人に合わせて発声していてはボイストレーニングになるどころか、喉を痛めてしますだけですね。
授業料が高めなわりに時間が短いといった難点がありますが、理想的な声を手に入れるのが最終目標ですから、効果のあるボイストレーニングスクールを選びましょう。
個人レッスンの場合、それぞれのボーカリストが歌いたい曲などを自分で選べ、課題にしたい曲も好きに選択できるのが強みでしょう。
ボイストエーニングは地味な繰り返しですから、好きな曲を歌えるほうが継続も楽です。

ボイストレーニング団体レッスン

個人レッスンよりも比較的安い授業料でできますが、1人1人の細かい指導に関しては期待できない場合もありますが、利点はボイストレーニング仲間を作れる点でしょうか。
(音楽もボイストレーニングも一人でこそこそやっていても面白くないでしょう。特に発声練習などはわからないことや躓いた場所を共有できる仲間の存在は将来の音楽仲間、バンドメンバーを探すのにもいい環境のボイストレーニング方法といえます。)
レッスン以外の音楽の活動、ライブの出演や楽器の情報も得られる可能性があります。気が合えばボイストレーニング自体も長続きしやすい利点もあります。

現在の主流派は、個人レッスンの方で、ベストは兼用ということになりますが、厳しいようならお好みで選んでください。
わたしの考えでは個人練習を自宅で毎日行い日々歌の上達につとめながら、週に1回くらいは個人レッスンうにかよう。
そしてたまには団体のボーカルレッスンにも顔を出し、自分の声を確かめ合う、といった形がやりやすいかなと考えています。




関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。