ボイストレーニング方法

高い声を出すボイストレーニングについて

「どうしたら高い声が出せますか?」
ボイストレーニングにおいてよくある質問ですが、高い声を出したい気持ちはわかりますが、高い声で歌えるようになるための高音域の練習は最初のうちはしないで下さい。
(別にボイストレーニング方法をたくさん呼んで欲しくて言っているわけではありません)
ボイストレーニングで発声の基礎、土台ができていないうちの高音を出すボイストレーニングは喉に負担をかけてしまう間違ったものになってしまう可能性が高いです。
そしてなにより効果がないものです。
(喉は筋肉を鍛えるようにして鍛えるわけではありません。歌の上達や高い声を出すための練習というのは繊細なものなのです)
喉を悪くするとかえって今まで出ていた音域さえ出なくなり、声が低くなってしまうケースもあります。
高音を出すためのボイストレーニングは、しっかりと発声練習を積んで中音域を完成させてからにしましょう。
低音・中音域がプロに近いレベルで出せるようになってくると、高音もわりとあっさり出せるようになりますので、あせらずじっくりボイストレーニングに励んでください。
(低音・中音域でもプロのシンガーの声はすばらしいのは曲のAメロから引き込まれることからもわかってもらえるでしょうか?すばらしい声は高い声が出せるからすばらしいという結論ではくくれません。しっかりボイストレーニングを行いたいものです)
歌は高い声を出すのが目的ではありません。たとえ出せたとしてもその高音は人をひきつける音になっているでしょうか?
人前で歌うヴォーカリストにとって大事なのは、高い声を出すことではなく、声で人を魅了することだと認識して、さあ、ボイストレーニングに励みましょう。
もちろん悪い癖が染み付いている場合、ボイストレーニングでそれを矯正できれば、すぐにでも今までより高い声も出せるようになるでしょうが、あなたの限界はそんなものではないはずです。
本来だせる音はもっと高い音域まであると信じていいと思います。
何年かかってもボイストレーニングを継続して理想を手にしたい所です。(高い声というとどのくらいの音をさしているのでしょうか?男性の方ならばAかB位のコードでしょうか?)
このくらいの高さがハイトーンボイスだというのでしたら、基礎発声練習でこのくらいは出せるようになりますよ!




関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。