ボイストレーニング方法

ボイストレーニング方法大阪編

ボイストレーニングについてですが、大阪編の大阪の方向きのボイストレーニング方法を公開します。
大阪用のボイストレーニングですが、本質はどの地域の方でも利用できるものとなっています。
アレンジを加えて大阪以外の方もぜひ活用ください。

ボイストレーニング 大阪編

口を大きく開けて歌うことは正しいと僕らは教えられてきました。
しかし、ボイストレーニングを始める今日からはこの認識を変えていきましょう。

口だけ大きく開いていても喉の奥が開いていなくてはまったくいい声をだすという答えにはたどり着けません。

口だけを無理にあけようとすると、かえって顔に余分な力が入ってしまいます。
問題なのは喉が開いているかです。
口はリラックスした状態ならば自然でいいのです。
ボイストレーニングで必死になるあまり、顔に力が入ってしまうのなら、たこ焼きでも食っていたほうがましです。

口をリラックスさせた状態で薄ら笑い程度開けてな・ん・で・や・ね・んとはっきりあかるく言えるポイントを
探してみましょう。
口ははっきりとあけなくていいです。

はっきりあけすぎるとかえって不自然な力を入れてしまいます。
ポイントはリラックスした状態で、自然に。口がパクパクあくのではなくて、喉の奥が開いているイメージで
(顎や顔に余分な力が入らないようにして下さい。)
なれてきたらフレーズをふやしていきます。

大阪にーは うーまいもん
いっぱいあるんやでー

イカ焼き 押し寿司 あわおこし おこしやす

たこ焼き ぎょうざ お好み焼き ブタまん♪

メロディを付けたい人はつけても構いません。
突っ込みの手の動きを1フレーズごとに入れても構いません。
ボイストレーニング大阪らしく楽しくやりましょう。

それぞれのフレーズを口をあけるのではなく、喉の奥を開けるイメージでボイストレーニングをするのです。

力がはいったと感じたら、自分自身に突っ込みを入れ、やり直してください。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。