ボイストレーニング方法

ヴォーカリスト:稲葉浩志

あなたの声を好きなアーティストやヴォーカリストと同じように、すばらしい声にするためのレシピ(ボイストレーニング方法)を公開しちゃいます!
いわばモノマネ方法ですな。
声の力をつけるには、うすっぺらいうわべだけ声まねしてもだめです。
ボイストレーニングの前にこのデータを参考にして

ボイストレーニングに励んでください。

ヴォーカリスト名稲葉浩志

ヴォーカリストデータ

性別:
男性

生年月日:
1964年9月23日

音域:
稲葉浩志は非常に高い音域まで出せ、シングル曲の『Real Thing Shakes』ではA5まで、アルバム『Brotherhood』収録曲の『F・E・A・R』はA#5 まで出ている。
その高音域の声量も圧倒的。
ファンの間では現在の日本の音楽シーンでこれほどのヴォーカリストは他にいないだろうと評価される。
くやしいのでボイストレーニングをつんで、抜きましょう。

声量:
稲葉浩志は非常に声量があり、マイクをはずしてもライブ会場全体に声がいきわたるほど。
ボイストレーニングではこの遺棄を目指したい。

声質:
稲葉浩志はハスキーヴォイスでいわゆる倍音と呼ばれる音を駆使している発声方法。
それゆえに連続シャウトと呼ばれる、ある一定の音階の音(声)を音程を変えずに「ア」なら「ア・ア・ア・ア」というふうに連続して歌うことが出来る。
その声を維持するため、夏場でも楽屋にはクーラーを極力かけない、冷たい飲み物は極力飲まないなどの対策をしている。
ボイストレーニングだけでなく、こうした声に対するケアもプロのシンガーのマネをしたいところ。

ビブラート:
振動の速いビブラート

特徴:
稲葉浩志独特のファルセットではない声を裏返した歌い方は、一般的には「いやらしさ」が出る為避ける傾向にある。
しかし稲葉浩志の場合、それを個性、魅力として多くのファンを魅了し続けている。


難易度:☆☆☆☆☆


材料:

短パン 1枚

ほっかいろ 2.3個

松本さん 1人


1、
寒い日に短パンいっちょで外に出ます。

2、
凍えてきたら、その寒さを払拭すべく、シャウトしてみます。

3、
やばいくらい冷え切ってしまったら、ほっかいろを使いましょう。

4、
松本さんにギターを爆音で弾いてもらい、それに負けないようにシャウトします。

5、
これを繰り返します。


稲葉浩志さんは、B'zのヴォーカル、作詞を主に担当。
自身のソロ活動では作曲、ギターも。

肺活量が8000ccと、通常の人の2倍あるといわれている。
ライブなどではステージをところ狭しと端から端まで走りながら歌うが声量も維持されたまま乱れない。

ビリー・シーン曰く、稲葉浩志のボーカルのタイプはフレディ・マーキュリーに近いらしい。自身の好きなヴォーカリストはデヴィッド・カヴァーディル、ロバート・プラント等である。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
稲葉さんは声もすごいけど
お腹もさすが
48歳とはおもえんじゃけの
Posted by 新井美希 at 2013年08月16日 11:55
稲葉は言うほどハスキーな声じゃないでしょW
ボイトレ臭ぷんぷんのあまり面白みのない声。
ジャリと女にしかうけないと思うわ。
Posted by くわた at 2013年08月22日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。