ボイストレーニング方法

有声音 無声音

発声方法にはさまざまなものがあります。
ボイストレーニングに励む際の知識として覚えておきましょう。

プロ野球の落合さんも、
「自分なりのバッティング理論のない優秀なバッターはいない」
といっています。

ボイストレーニング知識編
発声方法 有声音

声帯同士を近づけ、声門を狭めると、呼気が通るとき、声帯は周期的に震動し、ブルブルと震える。
これが音声学でいわゆる声であり、このときに出る音を有声音という。
母音は通常の場合、有声音であり、子音のなかでも[b], [d], [g], [m], [l], [r]といった音は呼気による声帯震動を伴い有声音である。
ボイストレーニングの時に発声してみましょう。
声が出しやすいはずです。


ボイストレーニング知識編
発声方法 無声音

一方、声帯同士が開き、声門が広い状態のとき、呼気はそのまま通り抜ける。
これは息の状態であり、このときに出る音を無声音という。
子音のなかでも[p], [k], [t]といった音は呼気がそのまま出た無声音である。
この発声方法をうまく生かして域を混ぜた歌い方をすると、なめらかに優しく抜けていく。
ボイストレーニングでためしましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。