ボイストレーニング方法

ミュージカルにボイストレーニング

ボイストレーニングをする人たち。

ボイストレーニングを学ぶ方々にはこういうケースもある。
全編を通じて一貫したストーリーが進行するブックミュージカルと、ストーリーが無いブックレスミュージカル(またはコンセプトミュージカル)がある。

ブックレスミュージカルの代表例としては『CATS』や『コーラスライン』が挙げられる。
当然出演者もボイストレーニングに励んでいたりする。

通常の演劇(ストレートプレイ)に音楽が取り入れられた音楽劇と、ミュージカルが異なる点は、ミュージカルでは歌も台詞の一部であり、歌やダンスが行われている間も歌い手・踊り手を含んだ登場人物によって会話やストーリーが進行していることである。

歌とダンスが行なわれている間ストーリーの進行が停止してしまう作品はミュージカルとは言えない。
芝居、歌、ダンスがそれぞれ独立したものではなく、一体となって劇的効果を高めていることがミュージカルの理想的な形である。
よってボイストレーニングによるしっかりとした歌や声がだせていないものは見れたものではない。

ミュージカルには特に定まった形式はなく、さまざまな形式の作品がある。
台詞や歌のないダンスのみで構成された作品や、サーカスのような他の作品との融合、シェイクスピアなどの古典劇のミュージカル化など、様々な形式のミュージカルがある。
いづれの形式でも発生は重要。
ボイストレーニングは欠かせない。
台詞も全て音楽に乗せて歌うオペラ形式のミュージカルもあり、こちらはポップオペラというジャンルと重なる。

代表的な作品に『オペラ座の怪人』や『レ・ミゼラブル』、『ミス・サイゴン』がある。

類似の舞台作品であるオペラとミュージカルが異なる点の第一は、歌の発声法である。
オペラではアリアに見られるような独特の発声(ベルカント唱法という)唱法が行われるが、ミュージカルではこれは好まれず、基本的にポピュラーソングと同じ発声法が用いられる。
ボイストレーニングはさまざまな分野で費用だということだ。

また、オペラが基本的にクラシック音楽の一分野であるのに対し、ミュージカルではボイストレーニングが気になるみなさんに多いであろう、ポップスからロック、第三世界の民族音楽まで幅広い音楽が自由に使用される。

第三に、オペラでは個々の音楽、特に歌が劇の筋運びなどより優先されがちであるが、ミュージカルでは音楽そのものが劇とそれを演じる役者、その音楽が使用される情景に強く結びついて一体となっている。
情景表現にたえうる声はボイストレーニングでしか身につかない。

第四に、ミュージカルではダンスが大きな要素となっており、すべての役者が踊るのが基本である。一方のオペラでは、踊りは重視されずしばしば用いられない。台詞のあるような役者は皆歌手であり、踊りが入るとすれば専門のバレエダンサーにまかせられる。

舞台で上演するほかに、ミュージカル映画としても数多くの作品がある。
たとえば、『サウンド・オブ・ミュージック』、『南太平洋』、『踊る大紐育』が代表的な例であり、主としてMGMスタジオが製作を手がけた。

ディズニーも長編アニメーションでミュージカル作品を多数作っており、実写とアニメーションを合成した『メアリー・ポピンズ』のような異色作をも製作している。
これらのミュージカル映画は舞台作品を映画化したものと、映画のためにオリジナルの作品を新たに作るものと二種類がある。
近年では、逆に有名な映画作品を舞台ミュージカル化する例(『努力しないで出世する方法』や『イーストウィックの魔女たち』、『ナイン』など)も見られるようになった。

その他、コンピューターゲームの分野においても『マール王国の人形姫』シリーズの様に、ミュージカルの要素を取り入れた作品が試みられている。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


Excerpt: マール王国の人形姫『マール王国の人形姫』(マールおうこくのにんぎょうひめ)シリーズは、日本一ソフトウェアから発売されたゲームソフトなどのシリーズである。__TOC__.wikilis{font-siz..
Weblog: ゲーム情報局
Tracked: 2007-08-28 10:53
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。