ボイストレーニング方法

ミュージカルの歴史 ボイトレ?

ボイストレーニングだからといって、歌い手だけがボイストレーニングするものだとは限らない。
ミュージカルも声を扱うのだから、当然ボイストレーニングが必要。

ミュージカルの原型は、パリで演じられていたオペラコミックであり、『天国と地獄』を作曲したジャック・オッフェンバックに影響を受けたヨハン・シュトラウス2世がウィーンでオペレッタ(ウィンナ・オペレッタ)を発展させ、それがベルリンオペレッタで近代化し、さらにハーバート、フリムル、ロンバーグらがアメリカに持ち込んでニューオーリンズで行われていたショーとなり誕生したと言われる。
歴史に立ち向かう素敵な声をボイストレーニングで養う。

最初はストーリー性が低くショウ的要素の強いレビューが中心だったり、男女の恋愛を描きハッピーエンドに終わる単純なストーリーの作品が多かった。
そのころの代表的作品としては、レビューを中心とした出し物を演じて一時代を画したジーグフリートフォーリーズなどがある。
その後、徐々に人種問題やエイズなど社会性の高い問題を取り入れて複雑なストーリーを描く現代的ミュージカルに発展してきた。
さて、この記事はボイストレーニングというよりもミュージカルの記事です。
ボイストレーニングの方法とは関係ないので、飛ばしても結構です。
ボイストレーニングの方法を書いている記事はたくさんありますから。

さて戻りまして、現代的なミュージカルの最初の作品は1927年の『ショウボート』であると言われる。
ベトナム戦争を主題としロック音楽を取り入れた「ヘアー」や、主役の背後にいる無名のダンサーたちに焦点を当てたコーラスラインなどが作られるようになった。

もともとミュージカルはアメリカで作られたものなのでブロードウェイがミュージカルの中心地であったが、1980年代になると完成した『CATS』や『オペラ座の怪人』、『レ・ミゼラブル』といった、イギリス生まれのミュージカル作品が世界を席巻し、トニー賞もイギリス作品ばかりが受賞する事態に陥り、一時はブロードウェイ発のアメリカ産ミュージカルの存在感が薄くなった。『Crazy For You』のリバイバル上演でようやくアメリカ産ミュージカルは息を吹き返す。

現在は、ニューヨークのブロードウェイとロンドンのウエストエンドがミュージカルの本場である。
オペラの本場、ウイーンでもミュージカルが作られており、『モーツァルト』や『エリザベート』といった作品が人気を得て日本でも繰り返し上演されている。
ボイストレーニングがだんだん難しいものに思えてきた方は飛ばしてください。
ボイストレーニングは楽しくやらなくてはいけませんから。

1994年映画大手のディズニープロが『美女と野獣』でブロードウェイに進出し、大資本を武器にブロードウェイ演劇を圧倒するのではないかと話題となった。

『美女と野獣』は自社のテーマパークのスタッフを起用したためか評論家の間ではミュージカル的ではないとさんざんな評判だったが、2作目の『ライオンキング』で前衛芸術家ジュリー・テイモアを演出家に起用し、実験演劇的な衣装デザインと舞台装置で高い芸術性を獲得しトニー賞を受賞した。

日本では、劇団四季、宝塚歌劇団等の劇団が有名。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/29773072
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。