ボイストレーニング方法

ボイトレミュージカル

ミュージカルは通常の場合、15分から30分程度の休息を挟んだ2幕構成であり、上演時間は2時間から3時間ほどになる。
長時間の小枝氏を続ける強いのどは、そうです、ボイストレーニングで鍛えるのです。

まれに1幕構成の作品がある。

出演者は小規模な作品では1人から4人程度、大規模な作品になると15人から50人程度になる。
人数の多い舞台で一期は輝くための声をボイストレーニングで磨き上げるわけです。

コストを圧縮するために、1人で何役も演じるアンサンブルもしくはノーボディーと呼ばれる俳優がいる。
これは、ボイストレーニングでいろいろな声の出し方を覚えていないと難しい。

音楽はオーケストラやバンドによる生演奏が基本だが、日本では興行的な問題などで劇団四季の様にしばしばテープによる演奏が行われる。

通常は舞台下または舞台手前に設けられたオーケストラピットで演奏されるが、演出によっては舞台上に設定されたり、俳優に混じってと演技の一部として演奏することがある。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/29773587
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。