ボイストレーニング方法

ボイストレーニング_声をとる場所

ボイストレーニング_声をとる場所 大阪
ボイストレーニングで声をとる場所についての考察

ボイストレーニングで声を出す時には、浅い所やのうて、深いトコロで採りまひょ。
この解説やけど、そやけどアンタ、最初はよう分からな思とるんですが、声になる所をなるべく低く低くとるようにイメージするとあんじょういく思うで。
声帯が喉やのうて胸、さらには腰にあるくらいの気持ちでボイストレーニングの際声を出してみまひょ。

意識を下にするだけで、不思議なことに声はしたのほうさかい響いてきまんねん。
喉で出してきたムカシからの発声方法は忘れておくんなはれ。

ボイストレーニングの究極はリラックスや。
本来、声は自然と腹からでてくるもんや。

また、高い声の時は、ついアゴがあがったりしてしもてがちやけど、そやけどアンタ、こらいけまへん。
声のポジションが上に来てしまいまんねん。
首周りが力んでしまいまんねん。
アゴが上がらへんようにボイストレーニング中の姿勢も気にしておきまひょ。
ボイストレーニングでは音が上がるにつれて、意識は下にとっていきまんねん。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/30788440
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。