ボイストレーニング方法

ボイストレーニング_オノレの声

ボイストレーニング_オノレの声
オノレの声を聴いた事はおますか?

周りの人が聴いとる声や。
テープレコーダーにオノレの声を録音して聴いてみた時の実際に人が聴いとる声や。

普段、オノレが聴いとる声は口から出た声を耳から聴くのといっぺんに体の内側からも聞いとるさかい、ボイストレーニングでチェックするオノレの声は、普段聴いとる声やのうてこの、テープレコーダーに録音したほうの声や。

ボイストレーニングで歌を歌うとき、音程が合っとる思ってても案外あとでよう聴いて見ると若干ピッチがあっていへんかったりしまっせ。
オノレが思うとるオノレの声と実際のオノレの声はちゃうもんやと考えてかかる必要がおます。

やからなんぼボイストレーニングで歌を歌っとる最中に音程を気にしたかてあんじょう行かへんことが多いのや。
ボイストレーニング中は声の質や音程も大事やけど、そやけどアンタ、むしろどう響いとるかを意識して発声するほうがええか思うで。

オノレの声がどう響いとるんか知るには、口の前に手を当てたり、下敷きやらなんやらを当てたりすると分かりやすいや。
直接耳に入る、普段聴いとる声やのうて、この反射して入ってくる声を信じてボイストレーニングに励みまんねん。

どないな風に外に響いとるかを意識してボイストレーニングを行い、後でテープレコーダに録った声を確認するゆう作業を繰り返したらええねん。

1、
ボイストレーニングの時に、テープレコーダーを用意して歌を録音してみるちうわけや。
この時は外に出とる声を意識して、響きに重点をおく。
手のひらや下敷きを口の前にかざすと分かりやすいちうわけや。

2、
録音した声を聴いてみるちうわけや。
最初に声の深さをチェックしてみるちうわけや。
以外に音程ばっかり気にしとったときよりも思い切って響きだけ意識して出した声のほうがよい場合が多いちうわけや。

3、
次に音程にずれがあらへんか聞いてみるちうわけや。
音程が外れた理由があるはずや。
ここを意識したかてういっぺん歌ってみまひょ。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。