ボイストレーニング方法

なんでやねーーん!って声だし

ボイストレーニング_声を出す

呼吸方法になれ、ストレッチも済ませたらいよいよボイストレーニングは

声を出す段階に入るんや。

ボイストレーニングって難儀や思いまへんでしておくんなはれ。

スポーツと同じで十分に体をほぐしておくと喉や体を痛めてまうのを防ぐ

ことができまんねん。
さあ声を出すボイストレーニングや。

1、
ロングトーンのボイストレーニング
無理のあらへん出しやすい高で声が続く限り伸ばしてみまひょ。
音量が最初からケツまで一定になるように気をつけまひょ。

喉を絞めて調節すると痛めまんねん。それに、ボイストレーニングの意味

があらへんのでやめまひょ。

2、
クレッシェンドのボイストレーニング
こんどは出してん声の大きさをぼちぼち大きくしていきまんねん。
声の音量の幅が出てくると歌の表現も幅が広がるんや。

3、
デクレッシェンドのボイストレーニング
逆に声の大きさをぼちぼち小さくしていきまんねん。

4、
クレッシェンド・デクレッシェンドを組み合わせるボイストレーニング1
声を段々、大きく出していったあと、段々小さくしていきまんねん。
なめらかになるよう気をつけまんねん。

5、
クレッシェンド・デクレッシェンドを組み合わせるボイストレーニング2
反対に声を段々、小さく出していったあと、途中から段々大きくしていて

しておくんなはれ。

こないなボイストレーニングを毎日30分くらいでええので行うとええで

っしゃろ。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/30789370
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。