ボイストレーニング方法

耳コピばするとです

耳コピ

ボイストレーニングでは実際にライブなどで歌う以上に集中して一つ一つの音にシビアに向き合って欲しかもんやけん。

ボイストレーニングででけんこつが本番でできるわけがなかとです。

本番以上の真剣さが必要だと考えるとよ。

ただなんとなく声ば出すボイストレーニングは意味がなかとです。

そこでお勧めするのが、耳コピやけん。

耳コピとは、譜面ば頼らんと耳で音楽ばきいて楽器のピアノやギター、ドラムやキーボードなどんパートがどげんコードで、どげん奏法でなっとぅかば聴きとる事やけん。

シビアに自分の出す声の音程ば聞き取る能力ば養うのに役立ちますとよ。
どげんに真剣に声ば出しても、耳がよくなかと、わずかな音の高低ば聞き取るこつができましぇん。

耳ば鍛えるこつはボイストレーニングの一環として、耳コピしてみてつかぁさい。

今まで聞いとった曲がどげん構成で、どげん音ば重ねとぅか分かってくっと、歌自体も変化していきますとよ。

やりだすと以外に楽しか作業やけんので、ボイストレーニングの合間に試してみてつかぁさい。

最後に耳コピのしかたば書いておきますとよ。
参考にしてつかぁさい。

1
まず、全体ば通して聞いてみて、曲の流ればつかむ
2
次に、どげん楽器がなっとぅか意識して聞いてみるたい。
3
パートわけが終わったとよら、まず一番低かベースの音ば探るたい。
(音楽の重要な要素、コードば割り出す)
4
コードの動きが分かったとよら、そんコードがメジャーかマイナーか、よりくわしくコードネームば探るたい。
5
リズムだけ聞くようにし、どんリズムで曲が支えられとぅか確認するたい。
(サビ前などんドラムのオカズもチェックする)
6
上モノのピアノ・ギターなどん演奏方法ば確認するたい。

ざっと、こげんいったとよ流れになりますとよ。

ボイストレーニングでは1曲ば完成とするまでにかなりの時間ばかけますとよ。
歌いまわす、域の使い方、抑揚の付け方等・・・

ばってん、1曲完成させれば次からは応用ができますとよ。
こんボイストレーニングの多くのチェックポイントばクリアするためにも耳コピばして曲ば研究するのはよかこつやけん。

まずは好いとうな曲からでよかので耳コピばがんばってみましょう。
ボイストレーニングだ!と重く考えず、すくな曲の研究だと思って気楽にやりましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/30891228
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。