ボイストレーニング方法

スレイヤー 攻略 ボイストレーニング方法

スレイヤー 攻略

スレイヤー

スレイヤー (SLAYER) は1982年にトム・アラヤを中心に、ケリー・キング、ジェフ・ハンネマン、デイヴ・ロンバードの4人によってアメリカのロサンゼルスで結成されたヘヴィメタル・バンドである。

「スラッシュメタル四天王」と呼ばれた四つのヘヴィメタル・バンド(スレイヤー、メタリカ、メガデス、アンスラックス)の中でも特に邪悪性、暴虐性、悪魔主義性が強かったのが彼らであり、同時に現在でも四天王の中でスラッシュ路線を強く貫いている。後にデスメタルやブラックメタルと呼ばれるバンドらにも多大な影響を与えた。

1982年、トム・アラヤを中心に、ケリー・キング、ジェフ・ハンネマン、デイヴ・ロンバードの4人によって結成。当時のレパートリーはスコーピオンズ、アイアン・メイデン、UFO、ディープ・パープルといったカバーが中心だった。

1983年、コンピレーションアルバム『メタル・マサカー3 - METAL MASSACRE 3 - 』に『アグレッシブ・パーフェクター - Aggressive Perfector - 』を提供、メタル・ブレイドと契約する。
1983年にデビュー・アルバム『ショウ・ノー・マーシー - SHOW NO MERCY - 』をリリース。この頃はまだNWOBHM色が強く、スラッシュメタル色はそれほど強くなかったが、彼らの重要なファクターである邪悪性、暴虐性の原点と言えるアルバムだった。

1984年に3曲入りEP『ホーンティング・ザ・チャペル - HAUNTING THE CHAPEL - 』をリリース、収録曲「ケミカル・ウォーフェアー - Chemical Warfare - 」がヨーロッパのHM専門誌に「世界最速のHMチューン」と讃えられる。

1985年、デビュー・アルバムが話題になり、一躍アンダーグラウンドでの名前が広まった彼らは『ヘル・アウェイツ - HELL AWAITS - 』をリリース。

前作に比べておどろおどろしく、暴虐性や邪悪性がいっそう強くなった。

これまでのNWOBHM色は多少薄くなり、スラッシュメタルとしての完成度を高め、彼らはさらにその名を広げて行った。

1986年、ニューヨークのスタジオでのライヴを収録したEP『ライヴ・アンデッド - LIVE UNDEAD - 』をリリース。

メジャー・レーベルデフ・ジャムに移籍、後にスラッシュメタルの傑作とも言われる『レイン・イン・ブラッド - REIGN IN BLOOD - 』を制作する。

しかしながら、「歌詞が過激過ぎる(ナチスの虐殺者ヨゼフ・メンゲレについて歌った『エンジェル・オブ・デス - Angel Of Death - 』が特に問題視された模様)」と言う理由から、コロムビア・レコードがアメリカ国内の配給を拒否、一時発売が危ぶまれたものの、ワーナー・ブラザーズから配給が決定、無事発売された。ビルボード誌のアルバム・チャートで最高50位台をマークする。

「家庭生活を優先させたい」とするデイヴ・ロンバードが一時的にバンドから離脱、代わりのドラマーとして元ウィプラッシュのトニー・スカグリオンが迎え入れられ、ツアーを行う。

1988年、『サウス・オブ・ヘヴン - SOUTH OF HEAVEN - 』をリリース、「スローになった」として当時のファンの間で物議を醸した。

1990年に『シーズンズ・イン・ジ・アビス - SEASONS IN THE ABYSS - 』をリリース。

『クラッシュ・オブ・ザ・タイタンズ』ツアー(第一弾はスレイヤー、メガデス、テスタメント、スイサイダル・テンデンシーズというラインナップでの1990年のヨーロッパツアー、第二弾はスレイヤー、メガデス、アンスラックス、アリス・イン・チェインズというラインナップでの1991年全米ツアー)の成功により、ビルボード誌の総合チャートで40位内にランクイン。

1991年、活動開始10年を記念したライヴ・アルバム『ディケイド・オブ・アグレッション - DECADE OF AGGRESSION - 』をリリース。
1992年、デイヴ・ロンバードが脱退、新ドラマーとして元フォビドゥンのポール・ボスタフが加入。

1994年、『ディヴァイン・インターヴェンション - DIVINE INTERVENTION - 』をリリース。

1996年、パンク/ハードコアカバーアルバム『アンディスピューテッド・アティテュード - UNDISPUTED ATTITUDE - 』をリリース。ポールが脱退し、新ドラマーとして元テスタメントのジョン・デッティが加入するが、すぐにポールが復帰。

1998年、『悪魔の鎮魂歌(レクイエム) - DIABOLUS IN MUSICA - 』をリリース。

2001年、『ゴッド・ヘイツ・アス・オール - GOD HATES US ALL - 』をリリース。

8月には日本のヘヴィロック・フェスティバル「Beast Feast 2001」にパンテラとのダブル・ヘッドライナーとして出演。
2002年、12月に再びヘッドライナーとして「Beast Feast 2002」に出演。

2006年、オリジナル・ドラマーのデイヴが復帰。8月、約5年ぶりのアルバム、『クライスト・イリュージョン - CHRIST ILLUSION - 』をリリース。10月には日本のヘヴィメタル・フェスティバル「LOUD PARK 06」への出演を行った。



関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ブログランキング&トラックバックセンター
Excerpt: トラックバックありがとうござざいます。アクセスアップ用 相互リンク:
Weblog: BlogRanking
Tracked: 2007-03-22 22:01
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。