ボイストレーニング方法

声の録音ボイストレーニング方法

録音


ボイストレーニングの時、自分ではうまく歌えており、も充分に出ていると思っているのに、テープに録音したものを聞くと、どうもイメージが違っていることがないですか?

録音すると変なになるのはなぜでしょうか?

自分の本当に出しているは案外と知らないもの。

なぜならば、普段、話すときなどに聴いている自分のは、相手に伝わっているとは全く違うです。

を出すと、一度空気中に出て、耳の鼓膜を通して聴こえていると、自分の体を通じて内耳から入ると二つのが混ざって聴こえます。

一方、他人が聴いているあなたのは、口から出されたが空気中を伝ったです。

そこで、録音して聴いた自分に聞こえているあなたのと第三者が聴いているあなたのとは全く違うことを理解してボイストレーニングを行う必要があります。

ここをおさえずに自分が聞いているあなたの声を頼りにボイストレーニングしても、効果はありません。

目を瞑って絵を描いてもいいえはかけないのと同じです。

録音をして、聴いてみたあなたの声がどうでているかを意識する必要があります。

テープレコーダーで録音したあなたのは、空間を伝わって録音されていますので、普段、あなたのとして他の人が聴いているに近いです。

ボイストレーニングでは出している自分のを意識しますが、このことを知っていないと本当にでているがうまくつかめません。

自分にとっては、聴き慣れないなので、違和感があるものですが、この録音したの方が相手に聞こえている正しいだと思ってください。

ボーカリストはファンがどのように聴くかということが重要なのですから、この録音されたがどうであるかも知り尽くしていなければなりません。

レコーディングをしたときや、マイクを通して伝わるも、このです。

ボイストレーニングでも、自分の録音して、客観的に、自分のを判断できるようになりましょう。

補足ですが、どんな録音機でもマイクを通すことになりますから、本当の自分のを自分で聞くことはできません。

ボイストレーナーに聞いてもらうことが、ボーカルの場合に絶対に必要だということがおわかりになりますか?

録音してみてください。



関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。