ボイストレーニング方法

カラオケビブラート ボイストレーニング方法

カラオケ ビブラート

カラオケビブラートを聞かせてばっちりうまく歌うには?

洋楽の歌を歌っていて英語らしくきこえるためのボイストレーニング方法から解説していきましょう。

カラオケ ビブラートの前に、日本人のボーカリストで英語で歌っている人たちの歌い方をみると、何となく口先で英語を器用に発音しているだけのように感じます。

プロシンガーもほとんど、英語らしい雰囲気を出して聴かせているだけといってもよいでしょう。

英語は、強い息を、舌や唇で音とするような言語です。

そのため、日本語にない種類のパワー、勢いといったものがあります。


それがボーカリストの理想でもある深みのある自然な発声につながるのですが、洋楽のコピーをやっている日本人ボーカリストで、その最も根本的な部分までマスターして、本物の声をみにつけている人はどれだけいるのでしょうか。

カラオケビブラートをきかせたい場合も同様になります。

洋楽の発音を聞いたまま、口先でそれらしくまねているだけです。

実はかなり日本人的な英語、カタカナ英語で歌っている人がほとんどではないでしょうか。

それではいつまで経っても英語らしさ歌にこめることはできません。

小手先のテクニックでこまかすよりも、自然な発声を身につける基礎的なボイトレをするのが、最終的には外国人ボーカリストと対等に渡り合える実力につながっていきます。

ですから、体からの深い息をなるべく深いところで声にするボイトレ方法を実践し、続けることです。

他の国の言葉ですから、たとえ歌であってもそれを母国語としている人と同じレベルに使いこなそうとするためには、相当時間はかかります。

プロになって人前で歌う以上、やはり本当に英語らしい英語で歌うように努力していくしかないでしょう。

カラオケなど歌を歌う際にうまく聞こえるビブラートはこうした本物の深い息があれば勝手にかかるものです。

そうしたビブラートのなんと素敵なことか!

たしかにテクニックでビブラートを身につけることはできます。

カラオケ程度ならいいでしょう。

しかしどうせボイトレするならばカラオケ程度ではなく、本物の声を手に入れるくらいの気合でも損でしまいましょう。

ビブラートも手に入ります。



関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。