ボイストレーニング方法

わかりやすいボイトレ 

わかりやすいボイトレ 

ボイトレボイストレーニング

声は大きくても歌がうまいとは限りません。
音楽の評価は音量の大きさではないですから。

たんに大きな声だけではボーカルとはいえないし、表現者としてはいまいちです。
うるさいだけです。

わかりやすいいいかたをするならボイトレがたりません。

ボイトレで声の音量を調節する必要がありそうですね。


もともと、声が大きくてもボーカリストに向いているか?

というと、あまり関係はないといっていいでしょう。

逆に声が小さい人はボーカリストに不向きなのでしょうか?


そんなこともないでしょう。

発声方法の正しい美しい声や、自分の声質を生かしきった歌唱法を行えるボーカリストこそすばらしい歌い手といえます。

わかりやすくいうと、ボイストレーニングで声の出し方を学べばいいだけですから名曲を明日中に作れというような大変なサ行とは違いますから安心してください。


ボーカリストに向いている声、向いていない声というのは基本的には特にありません。

人が賞賛するだけの価値をあなたのもともと持っている声に、プロとして、歌声につけられるかどうかだけだといえばわかりやすいはずです。

ボイトレでは声は、声質で決めてしまう向き不向きではなく、ボーカリスト目指してチャレンジする資格は誰にでもあるということを忘れないでください。

もちろん倍音が普通の人以上に出せる歌い手などは有利になるのは確かですが。

何べんも言いますが、ボーカリストは、自分の体を楽器とします。

ですから、ボーカリストとして充分な声を出すためには、プロとしての楽器、できれば、人並み以上に健康でバランスのとれた体が好ましいです。

その上で、声を充分に生かし切れるように使いこなさなくてはなりません。

やりかたはわからなければわかる人に聞くことです。

師事することです。
自分の声を磨くのなら、ボーじかリストになるのなら、きちんとしたボイストレーナーについて教わったほうがはるかにわかりやすいボイストレーニングライフを送ることができます。

ボイトレ教室に迷わず行けばいいのです。

声質は、一人ひとり違うものであり、ある程度、先天的にも決まってきます。

プロのミュージシャンで成功している人にも、自分の声が気に入らないという人はごまんといます。

大切なのは、自分の個性を見つけその声を生かす方向できちんと伸ばしていけるかどうかです。

ボイトレです!(笑)

そのためには、フォーム、発声、発音などのあらゆるボイトレをきちんと行っていくことです。

そしてプロのボーカリストは自分のベストの声をいつでも出せなければなりません。

調子がよいときに、良い声が出せるというだけの人なら、アマチュアでも大勢いるはずです。

歌うときはいつも観客を魅了する声が出せなくてはいけません。

ボーカリストに特に向いている声というのはありません。

あなたの努力にかかっているといっておきます。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。