ボイストレーニング方法

ボーカル スクール

ボーカル スクール

ボーカル スクールでボイトレを行って歌が上達したかたを除いて、高い声と低い声が安定しないことはよくあります。

声域というのは、ボーカル スクールでのボイトレで広がるものですが、声域は生まれつき決まっているから無理だとあきらめる方もまた多いようです。

そこでボーカルスクールに通おうという考えにいきつくわけですかね?

声域は生まれつき決まっているのかということに関しては、結論から言えば、ある程度の範囲内において、決まっています。

ボーカルスクールでの知識として教えていたりしますが、声楽の声種はおよそ声の高さで分けられています。

女性では声の高い順に、ソプラノ、メゾソプラノ、アルト。

男性では、テノール、バリトン、バス。

声域は、その人の声帯や、体格によって決まってきます。

高い方が出しやすい人なのか、低い声がでやすいのかは、それぞれに違います。

高い声域の人には、低い声を出すボーカルスクールでの練習が必要ですし、低い声域の人には高い声を伸ばすボーカルスクールでの練習が必要です。

声域は、ボーカルスクールの練習によって、ある程度は伸びていきます。

おかしなボーカルスクールdなければですが…

ちなみに普通の人の声域は、1オクターブ半くらいといわれています。

これにはかなりの個人差があります。

でもこれくらいの声域があれば、普通の歌を歌うのには充分です。

それよりも、自分の声域内でどのくらい歌えるかということが大切です。

声域を伸ばすことばかり考えている人が多いのですが、自分の持っている声域の声を、より豊かなひびきにすることを、先に考えボーカル スクールにいく方がよいでしょう。

うまいひとの声はどんな高さの音であっても心に響いてきます。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/33147123
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。