ボイストレーニング方法

シンガーのボイストレーニング方法

シンガー

シンガーにとってリズム感がないというのは致命的。

リズム感をやしなうボイストレーニング方法とは?

リズム感は生まれつきのものでしょうか?
ボイストレーニングでなんとかなるのでしょうか?


音楽にとって大切な要素は

メロディ(旋律)

テンポ(速さ)

コード (和音)

リズム(拍子)


といったものがあります。
その中でも特に日本人は、リズムが苦手のことが多いようです。

これはなぜでしょう?

リズム感に遺伝的な要素も関係しているでしょうか?
日本人が長年聞いてきた音楽のリズムははいさっ!こらさっ!どっこいしょ!

とリズムのウラハクで落ち込んでしまいます。

一方洋楽、ポップスの、今の主流の音楽は裏はくが大事になります。

シンガーを目指す方はこちらのリズムに慣れていかなくてはなりません。

普段の話し言葉にリズムを大して必要といない日本語ですから、後天的な環境をよくして練習するしかありません。

小さなときから聞いてきた音楽のリズムが違えば、確かにリズム感に
も違いがでます。

しかし、シンガー・ボーカリストにとって、リズム感がないというのは、致命的な欠点です。

普段からノリのよい音楽を聴き、体でリズムに慣れるように心がけ
ること、さらにいくつかの基本的なリズムパターンを体に叩き込んで
おくことが必要でしょう。

シンガーはみな、むしろ後天的なボイストレーニングなどを行うことにより理想のシンガーを目指していきましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。