ボイストレーニング方法

カラオケ歌詞を間違えないボイストレーニング方法

カラオケ 歌詞

カラオケに行ってもいまいち歌がうまく歌えない理由のひとつに、歌が一本調子で、盛り上げられないというケースがあります。

プロのボーカルを目指すくらいの人であればここら辺は大体抑えているポイントでしょうが、普通、カラオケを楽しむくらいのボーカリスト手前の方はそうした悩みもあることでしょう。

ボイストレーニングによる改善をお勧めします。

まずどうしてドラマチックに盛り上がるはずのあなたがすきな歌のはずなのに、単調な歌になってしまうかを考えて見ましょう。

ボイストレーニングとはこういう疑問を持って、一つずつ声に関する悩みを解決していく作業です。

発声練習からはじまり、言葉のチェック、息の確認、声の響かせ方など、さまざまのことをボイストレーニングでは学んでいきます。

さて、時間のかかるボイストレーニングではありますが、今回のこの疑問、まず考えられるのは、声に張りがないせいではないかと思います。

言葉も不明瞭で聞き取りづらいのではありませんか?


こうした問題は発声練習の前にできるだけ普段から注意すべきことです。

いつもの会話でも声に張りがなく、言葉が不明瞭な人が、では音楽でボーカルをするときに、カラオケで歌を歌うときにだけははっきり声を出せるわけがないのです。

逆にいつもハキハキしていて、きれいに言葉を発している人は、カラオケで歌ったとしても苦労しないと思います。

言葉の発音をよくするボイストレーニングをなるべく大きな声で、毎日続けていれば必ず改善していきます。

そしてカラオケで歌う曲の歌詞をあなたは覚えていますか?

プロのシンガーでないかぎり、曲の歌詞を全部覚えることはたいして必要視されないですが、歌詞を丸暗記した状態でカラオケに行くと、格段に歌うことが楽なはずです。

どううい歌詞かはわかっているので、カラオケで抑揚をどうつけたらいいのかにある程度集中できます。

歌詞の意味するところを知っておくことで、感情を込めて歌うのも簡単になるでしょう。

感情を込める方法につてはまた別の機会に、しますが、そのボイストレーニング方法も学べれば、カラオケに行って困ることはなくなるでしょう。

歌のトレーニングをきっかけに今まで意識していなかった普段の声も
よくなればお得なことですね。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。