ボイストレーニング方法

カラオケ 新宿 ボイストレーニング方法

カラオケ 新宿 ボイストレーニング方法

ボイストレーニング方法カラオケ対策の解説ですが、今回は、カラオケで歌に思うように、メリハリがうまくつけられるようになるために必要な方法です。

カラオケの歌でメリハリをつけてうまく歌えるためのボイストレーニング方法とは?

まず、カラオケで選挙区をする前に曲の構成を考えておくことです。

カラオケでも何でも、歌をうたう場合、曲のメリハリをきかすときと声や言葉のメリハリをきかすときとの2種類があります。

カラオケで声のメリハリをつけたいときは、その曲のどこで声を大きくはり上げるかということも大切ですが、あえてAメロなど、そこまで音量がいらないフレーズでは小さな声の使い方がより重要になってきます。

いくら大きい声で、歌がうまい人でも、初めから終わりまでずっと大きな声でカラオケを歌っていては、単調で一本調子になり飽きられてしまいます。

カラオケだったら歌を消されてしまうか、みんなが曲を探し出すか、ドリンクをオーダーしだすかのどれかでしょう。
それはそうです。みんないくらカラオケをうまく歌ったところでオリジナルの曲を歌う本物のボーカリスト、ミュージシャンには勝てないことが多いですから。

自称プロ級の歌唱力を持つ、カラオケが好きなえせボーカリストさん、歌が一本調子にはなっていないですか?

「ボイストレーニング同様に録音した声を確認したけど問題ない」

といえない人は注意が必要です。

プロのボーカリストの歌唱が誰が聞いてもうまいと思われるのは、歌の聴かせ所をふまえて、歌の強弱を自在に調整しているからです。
もちろんそれを達成するのにボイストレーニングをしていることは言うまでもないでしょう。

たとえカラオケであっても一つ一つの言葉を大事に語りかけるようにすると、どんなに小さな声の部分でも聴き手にメッセージを伝えられます。

しかしこの小さな声を聞けば、腹式呼吸、発音、発声、のボイストレーニング方法の基本が身についているかどうかが、はっきりとでてきて、みについているかどうかは誰でもわかってしまいます。
プロボーカリストが言葉を超えてその声だけで日とを納得、説得、感動させてしまうのと反対に。

カラオケでも自由自在に声をコントロールできてこそ一緒に行った友達を感動させるのです。
ましてやプロのボーカリストを希望するならなおさらでしょう。

言葉の意味や、メッセージを伝えるボーカルテクニックは最低限こうしたボイストレーニングで得た歌の基本があって初めて生きてくるわけです。

カラオケであっても大きく歌って盛り上げるところと小さく語るように聞かせるところと、どちらのテクニックが欠けても、メリハリのある、聴き手の心に伝わる歌は、歌えません。

新宿のような大都会もあれば、西東京のような閑静なところもあっての東京です。

新宿のような大きなにぎやかな町だけが東京のすべてではないように、歌は声を大きく出すだけではなく、メリハリが必要であることを踏まえてボイストレーニング方法を探し出してください。

そのための基本的なボイストレーニング方法としては、歌詞を詩の朗読の要領で気持ちを込めて読んでみるのがよいでしょう。

小さな声で読んだり、大きな声で読んだり、それを組みあわてたりして、表現というものをしっかりとつかみましょう。

他の人にきいてもらうか、テープに録音して、気持ちが伝えられているかを確かめましょう。

これをメロディに乗せながら行うのが歌です。

こう書くと難しく思えますが、しっかりとしたボイストレーニング方法で声を磨いていけば必ずできるようになります。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。