ボイストレーニング方法

バイオリンのビブラート ボイストレーニング方法

バイオリン ビブラートボイストレーニングでのビブラート

喉で出していて、長いこと歌を歌っていると喉が痛くなってしまう、ボーカリストしてはまだまだ本来の発声方法に満たないアマチュアの声の発声方法と、プロのボーカリストの歌い方である全身を使って歌っている、よく言う腹式呼吸を用いた、何時間ものステージに耐えうる正しい発声方法をしている声。

体から思う存分、声が出せるようになるためのボイストレーニング方法についての考察です。
バイオリンをたとえにしてボイストレーニング方法を学んでみましょう。

素人の歌うときの声の出し方と、ミュージシャンもプロの声の出し方はどう違っているのでしょうか?
両者のちがいについての話。
その差を埋めるボイストレーニング方法とは?

ボーカリストが奏でるどんな美しい声も、音楽が得意ではない人が出すがなり声も、声は声帯の振動によってでることには違いありません。

声を美しく、大きく、より心に響くボーカリストの声としてうまく出すためには、声帯をうまく働かせることと、そこで出た声をうまくひびかせることが大切な要素です。
このことはビブラートをうまく出すボイストレーニング方法とは少し違います。

しかし、声帯の使い方や生まれもっての良し悪しだけが声を決めているわけではありません。
つまり、ボイストレーニング方法はある!
というわけですが、

人間の体という楽器をバイオリンにたとえてみると、声帯は、バイオリンの弦にあたります。

人の体をバイオリンの弦に置き換えて、声帯という弦を振わせて音をだすわけです。

そして直接、弦を振わせているバイオリンの弓にあたる役目を果たすのが、肺から出る息です。

息は肺を取り囲む筋肉の働きによって横隔膜を経てコントロールされています。
つまりは息のコントロールが可能ならばどんな声を出すか、どういう音を出すかも操れるというわけです。
バイオリンの音をうまく出す練習がつまり人間の声をうまく出す練習で言うところのボイストレーニングにあたるわけです。

声帯そのものを直接気合で動かすのは不可能なので、息の出し方、呼吸をコントロールすることによって、周辺の筋肉も含めたボイスコントロールを習得していくボイストレーニング方法をやっていけばいいのです。
あなたの声帯というバイオリンの弦を自在に震わせるようになりましょう。

だから、腹式呼吸の訓練が、ボーカリストのボイストレーニング方法では必ず語られるのです。
腹式呼吸にこだわる必要はありませんが、深いところから息を持ってきて声帯に送り込む能率を上げる練習はいるでしょう。

息を使い切る、調節する行為が声をよりよいものにする近道だといえます。

また、声を大きく出すにはどうしたらいいのかというと、またバイオリンという楽器を考えると理解がしやすいかと思います。
声帯を大きくビブラートさせるには大きな力が声帯にかかればいいのですから、大量の息が声帯に向かえばいいのでしょう。

声でどういう音色をつくっていくかも同様で、バイオリンでいう胴の部分にあたる部分で音をどのように共鳴させてあげればいいか工夫すればだけです。

人間の体で言うと、共鳴腔と呼ばれる部分です。

体の共鳴腔は、口腔、咽頭、鼻腔などで、声を共鳴させるにはこの空洞を利用して響かせてあげます。
響かせ方を息の使い方で調節してあげるのです。
共鳴のさせ方の方法はボイストレーニングを実際やらないとイメージがわかないですが。

声を共鳴させてあげる部分の中で一番意識したいのが鼻腔。
とくに鼻腔は私たちの鼻の後ろ側に大きな空洞として存在しています。ポイントは「後ろ」にある点です。

ボイストレーニングで声を出すときは声は後ろに人がいるつもりで出しましょう。
前に飛ばすと声は響いてくれません。
鼻腔に響いていないのです。

鼻腔に響かせてあげるだけで、声はこもらない抜けてくる、しかも太い音となります。
喉の負担も驚くほどなくなるはずです。

どうやって鼻腔に声を送り込むかですが、難しく考えないでください。

体の後ろのほうに声を出すイメージで声を出せばできます。

効果の高いボイストレーニング方法ですが、最初はきちんと後ろに声が出ているのかはわかりにくいと思います。

このボイストレーニング方法を継続していく事でつかめてくるはずなのでがんばってみましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。