ボイストレーニング方法

姿勢の重要性 ボイストレーニング

姿勢のボイストレーニングにおける重要性

姿勢は大事です。
プロのボーカリストとして音楽ライブ活動などをするならば、歌を歌うには寝たままではできません。
それはそうです。プロのボーカルとして観客の前で、ステージの上で声を武器にアピールしていくわけですから、寝たままの姿勢で歌うことはできないわけです。

ボイストレーニング方法のひとつとして、寝転んだ姿勢で声を出すと、おなかから発声しやすくなります。
いわゆる腹式呼吸というものですが、腹式呼吸で自然な息の流れを作るボイストレーニング方法としてはいいですが、寝たままの姿勢で歌う方法は実践では使えないわけです。

見に行った音楽ライブでアーティストが、バックの演奏をするミュージシャンが、曲の間中ずっと寝たままの姿勢で歌っていたら起こりますよね?

では立った姿勢のままならどのような姿勢でもいいのか?
というとすではありません。
やはりだらけた背骨を曲げたような姿勢やたち方で歌を歌ったところでいい声は出せないと思います。
ボイストレーニング中意識して欲しいのは姿勢によってどういう風におなかの息が外に出て行くかの流れ道です。
姿勢が悪ければ息の流れはさえぎられてしまいます。                              
理想の姿勢ですが、まず胸を張り、両肩を後ろに引き、下に降ろすといいです。

より声が楽にだせ、上手に歌うことができます。

これはなぜでしょう? 

それは、発声に重要な胸郭の位置に関係があります。

胸を持ち上げると肋骨は張り出し、肺により多くの空気を送り込ませます。
息が声に変わるのですから、より多くの空気が肺に送り込まれるほうがいいに決まっています。

息についての考察はさまざまなボイストレーニング方法の資料で語られていますよね?

肩を丸めて猫背な状態の姿勢だと、胸郭は押さえられて空気がたくさん入り込むことができなくなります。

すくない空気で発声しようとしてもわずかな、か細いこえしかだせません。

一例を挙げれば、肋骨を強打していたり、折れている人と話したことがありますか?

もししたことがあるならば、彼らの声量がいかに弱弱しいかわかると思います。

発声のとき、姿勢が悪く、十分な空気を吸い込めないとこういう状態になります。

胸郭を動かさずに歌をうたったとしたら、ろくな歌にはなりません。
ボーカリストはその声だけで聞く側を説得する音を(声を)ださなくてはいけないのですから、強い息使いができたほうがよいのです。

リラックスしながらも胸を張り、扁を後ろに引いて下げ、足を肩幅に開く姿勢をとることで、より良い姿勢で歌うことが、よい声を出す秘訣です。
ボイストレーニングでは意識しましょう。

ボイストレーニングを実践して効果が出るまでには時間がかかりますが、姿勢を気にすることは今すぐできます。

姿勢を気にしながらボイストレーニング方法を学んでいくことで上達の道は早まるでしょう。

え?

好きなシンガーは姿勢が悪い?

それはあなたの体という楽器でもいい声を出せる姿勢ですか?

長年培った、基本を抑えた発声方法ができているからこそ、自分にあったスタイルは確立します。

もしもあなたの好きなミュージシャンの姿勢が悪かったとしても、ものまねするのはいけません。

幼い子供がお父さんの喫煙姿をまねしてタバコをすうようなものです。

あなたはあなたの理想的な声を手に入れるための努力だけ行ってください。

いいですか?
ボイストレーニングの際には姿勢も気をつけましょう。

やってみてください。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。