ボイストレーニング方法

腹式呼吸 ボイストレーニング

ボイストレーニングで再三語られる、腹式呼吸・横隔膜を使っての呼吸法はたまに、あえていやがる方がおられます。

腹式呼吸で発声をすると太って見えてしまうというのです。

はたして腹式呼吸はダメなのでしょうか?
太って見えちゃうのは本当でしょうか?

ボイストレーニングはやらない、腹式呼吸で横隔膜を膨らませて行う呼吸方法をすると、太って見えるのでやりたくないと言うのは本当の理由でしょうか?

単にボイストレーニングに面倒だ!

とか、どうせ歌がうまくなるような効果がない!

と、信じたいがためにそのような腹式呼吸否定の声が上がっているだけのような気がします。

腹式呼吸にはうその解説、適切ではない方法論があふれていて、嫌悪感もあるのかも知れません。

たしかにボイストレーニングとはちがい、腹式呼吸ができるだけでは歌はうまくはなりません。

おいおい!
というかもしれませんが、それは事実です。

しかし、プロで活躍するアーティスト、本当のすごい歌い手の歌っている声を聞いてみてください。

どれほどあなたの声とちがいがありますか?
かなわない声ですか?

あなたはこれから音楽でもうすでに活躍しているミュージシャンと、その差を埋めるためにボイストレーニング方法を研究して、努力して少しずつ声に関しての差を埋めていかなくてはならないのです。

そしてプロのすばらしい声を持つボーカリストはみな、その息の使い方もすばらしいのです。

息を支えているのはあなた自身の体です。

声という楽器を鳴らすために体の強い支えが必要になります。
ろくに力をいれられない場所で支えようとしても、うまくいくはずがありません。

腹式呼吸は息を支えるもっとも強い、信頼できる方法です。

だからこそ腹式呼吸が再三語られるのです。

簡単!即効性がある!
などとうたっているボイストレーニングでたとえば口先だけのテクニックを身につけたとしても、観客はすぐに見破ってしまいます。

本当にすごいものは誰だってわかるものです。
音楽だって同じです。
声だって一緒です。

ボイストレーニングを行って、深い息で深い声をだす事がプロのボーカリストを目指すあなたにとって大事な事なのです。

もしも腹式呼吸は太って見えるというようなくだらないことを本気で気にしているのでしたらすぐにそんな心配は止めてください。

音楽を仕事にして、ミュージシャンになってボーカリストとしての地位・名声を得たいのならどうでもいいことです。

ボイストレーニングは真剣勝負です。
気になるのなら、いくらでも腹式呼吸でおなかが膨れても気にならないくらい最初からやせておいてください。

すこし安心材料を話しておきましょう。
ライブのステージではあなたの観客は、常にあなたの前方にいます。

前から見ているとき、あなたがお腹を空気でいっぱいにしても彼らに
その動きは見えません。

観客は、あなたの横にいてお腹に注視しているわけではなくて、歌を聴いているはずです。

そうではなくてあなたのおなかに注目が集まってしまうのならば、それは声の魅力がまだまだ足りていなくて、飽きさせてしまっているということです。

ボイストレーニングに励むべきなのです。

鏡に向かって自分が腹式呼吸するのを見てみると、案外目立たないこともわかると思います。

心配するだけ無駄です。

手厳しいと思ってしまったあなたはこれからがんばれば言いだけです。
音楽は逃げません。
ボイストレーニングはいつからでもはじめられます。
それは今だと思いませんか?

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。