ボイストレーニング方法

声帯のしくみ ボイストレーニング

ボイストレーニング声帯のしくみをしらず、闇雲に声を出す練習ばかりしても、それがなぜいい声を手に入れる方法なのかをわかっていなくては、やっていても継続が難しくないでしょうか?

自分のやるボイストレーニングがどのような効果を期待できるかどうか、声帯のしくみを知っている知っているのは、発声練習にやる気を起こすためにも必要だと思います。

ミュージック界に旋風を起こすくらいの気持ちで勉強してみましょう。

あなたの歌はうまくなります。

呼吸をして吐き出される空気がどのようにして声に変わっているのか知りたくありませんか?

息が声帯で声に変わる仕組みについて触れたいと思います。

声が楽器のミュージシャン、楽器の仕組みも知りましょう。
声帯のしくみも熟知しておきましょう。

まず、ボイストレーニングを正しく行えるプロのボーカリストたちが行っている良い声によって歌う行為は、多すぎず少なすぎず、適正量の空気が正しい量で声帯に送られることで初めて再生され、聞くことができます。

この息が流れたときの状態の声帯をわかりやすく説明するならば、

声帯はちょうどVサインうをした2本の指の形のようなものです
ピースサインを作って顔に向けて、口の前で指をできるだけ近づけて見ましょう。

2本の指でできた空間に、軽く息を吹いてください。
これが、基本的に声帯が開いている時に正しく空気が入り込んだ状態で、吹いた息はスムーズに流れていきます。
ボイストレーニングのときに何気なく歌っていたのとは違って、音が作られている感覚がイメージできませんか?

声帯をこの位置にして歌うと、声は息を含んだ声になり、やわらかさやふくよかさを含んだ声になります。
音楽ジャンルにも、歌詞の内容にもよりますが、こういった息を多く含むボーカルが使えると、歌にも深みが出せるようになるでしょう。

低音部を歌うときこの方法で声をだすと、よりわかりやすいかもしれません。


今度は指を閉じて息を吹き出してみます。

指の間には今度は隙間がないので、出て行く空気がブロックされるのがわかるでしょう。

声帯を閉じているときにはこのような息の流れが起こります。

この声帯を閉じた状態で歌を歌うと、あなたの声は硬くてとがった、鋭い子になります。
地から強い声が欲しいとき、ロックボーカリストなどはこの方法の声の法が歌によく会うかもしれません。


つぎは交互に指を閉じたり開いたりしてみましょう。
写真撮影ではないですから、自分にVIサインを向けるんですよ?
ボイストレーニング中ですからね?

さあ、息を吹いてみてください。

開いて閉じて、開いて閉じてを繰り返します。

歌を歌っているときには声帯はこれと同じような運動をしています。

体内から息が出て行くと、すぐさま声帯は閉じられ、また同じ過程を繰り返します。

歌を歌うとき声帯はこの開く関じるの運動を1秒間になんと200〜2,000回も行っています。

この早い振動は喉に力を込めてスピードを調節するのではありません。

風車に息を吹きかけると回転を始めるように息が吐き出されるときに自然に振動するのです。

なのに喉に力が入っているとその運動はうまく機能しません。

それどころかあなたの喉を痛める原因にもなります。

声帯の運動の仕組みを理解したならば、今後はリラックスして自分の出している声を信じて喉に力を込めてしまうのはやめましょう。

ボイストレーニングの時にはその意識を忘れないようにしてください。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。