ボイストレーニング方法

カラオケが苦手なボーカリスト

カラオケが苦手な ボーカリスト

カラオケに行って歌うのは苦手な、ボーカリストって結構います。
本来は誰よりもうまく歌えて本科雨滴名ビブラートも使え、ライブではしっかりお客さんの心をつかむ声を持っているのに、カラオケで歌うのは苦手なのです。
歌がうまく歌えないわけでも、歌詞がわからないわけでもないのになぜカラオケが苦手なのでしょうか?

理由のひとつに、ミュージシャンは普段は自分のオリジナルの楽曲を、何度も繰り返して練習してライブに望みます。
そして場の空気をどう盛り上げるかも事前にリハーサルを繰り返して完全なイメージを作ってから望むでしょう。
しかしカラオケで盛り上がりを期待されるのは、そのボーカリスト自信ではなく、どういう曲をカラオケに入れるか?
という部分に比重が重くおかれがちです。
プロのステージやボイストレーニング方法などはあまり問われない空気の中で、でもなんとなくうまく歌えないとミュージシャンとして恥ずかしいし、的な考えに陥ってしまいます。

プロのボーカルを目指すくらいの人であれ余計プレッシャーがかかります。
普通に、カラオケを楽しむくらいのプロボーカリスト一歩手前のシンガーさんはそうした悩みもあることでしょう。

ビブラートとか発声方法なんか気にせずに一緒になって騒いでしまえば楽なんですけれどね。

ボイスとレーニングに取り組んで誰の耳でも歌がうまいといわれるあなたなら、そのようななた身はもたなくてもいいでしょう。
ドラマチックに盛り上がるはずの名曲をあなたは自在に歌いこなすことができます。
単調な歌にならずに、抑揚も聞かせて、度肝を抜くことができるでしょう。

しかしここに人間関係が発生します。

歌がうますぎてむかつく
とか次の人がカラオケを歌いづらい

なんていう周りの反応です。

ボイストレーニングでこの疑問を解決するすべはなくて、もうあなたの人間性にかかっています。
もしくは音楽的成功ですね。
あなたがいいやつか、売れているミュージシャンなら何も問題は出ません。

発声練習からはじまり、言葉のチェック、息の確認、声の響かせ方など、さまざまのことをボイストレーニングでは学んで、どうせなら音楽的成功の方でカラオケの悩みを解決しましょう。

さて、時間のかかるボイストレーニングではありますが、言葉も不明瞭で聞き取りづらい、いわゆる音痴なかたとカラオケに行ったときはあなたはどうしていますか?

無理やり発声練習講座をしたり、ボイストレーニングを強制しなようにしましょうね。

嫌われます。

あなたがいい声で歌を歌っていれば、発声練習の教養などしなくても
勝手に向こうからボイストレーニング方法を聞いてきますから。


いつもの会話でも声に張りがなく、言葉が不明瞭な人が、では音楽でボーカルをするときに、カラオケで歌を歌うときにだけははっきり声を出せるわけがないのですから、その人自信が本気で歌の上達を望まない限り、ボイストレーニングの効果など出ないでしょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。