ボイストレーニング方法

ハスキーボイスになりたい?

ハスキーボイスの出し方を勉強しましょう
ハスキーボイスで歌おうと望むシンガーやハスキーボイスになりたいボーカリストに向けたボイストレーニング方法。

ハスキーボイスの出し方にあこがれているのはあなたの声がつまらないと感じているからですか?
それとももうハスキーボイスで、歌い手としてハスキーボイスをまだ使いこなせてないのでしょうか?
どちらかといえば前者のロックバンドのミュージシャンなどをやる音楽好きの方が多いと思います。
ボイストレーニング方法によってはハスキーボイスが身につくものでしょうか?

売れているミュージシャンの中にもハスキーボイスになりたくて大声で叫んだり、お酒を門で焼いたりといったエピソードをコメントしている方がいますが、安易にマネをしないようにしてください。

あなたが好きな一流のボーカリストがハスキーボイスなのだとしたら、長年歌い続けてそうなっているんだとでも思ってください。
ハスキーボイスに渋みがあるというよりもそのシンガーの渋みだと思って、ボイストレーニングをはじめたばかりの声が完成していないあなたはじっくり自分の本当の声を探してください。

まず警告なのが、自己流のハスキーボイスになる方法でせっかく魅力のある声を持っているのに喉をつぶしたり、わざとハスキーボイスな声にしていつも無理しているボーカリストさんがいましたら、早めに修正しないといい声が台無しになります。
ハスキーボイスになりたいのはかまいませんが、発声的に正しいボイストレーニング方法によってハスキーボイストレーニングも積んでいくべきです。

でないとそのうち、普通に歌えていた高いキーの歌も歌えなくなったり、会話でも声がかすれるようになってきます。
無理にハスキーボイスの出し方を追求してアーティストとして声を台無しにしないで、ボイストレーニング方法をしっかり抑えて発声練習の基礎をやるほうが本当はよいのです。

ボイストレーニングで深い息を使える体を手に入れ、強い声を出せる喉を手に入れてからでも遅くありません。

ボーカリストの楽器である声は喉にある声帯の振動によって出ます。

ハスキーボイストレーニングなどをして無理をしたとき、声がかすれて発声がおかしい場合、声帯が発声障害を起こしているという可能性も考えられます。

喉は(声帯)は悪い状態で歌いすぎると炎症をおこしたりポリープができたりしやすくなります。

声帯を休めて、治るのを待っていたらそれまで積み上げたボイストレーニング方法は0に戻ってしまいます。
安易にハスキーボイスになりたいからと、喉を痛めつける行為はやめましょう。

喉がやられていてはボイストレーニングもできなくて結果的に歌の上達が遅れます。

喉の炎症を起こしたまま歌い続けると、悪化してしまうので注意しましょう。

また、他の原因で声がよく出ないということも考えられます。

炎症やポリープなのか、単に疲れや発声の仕方が悪いためなのかを見分けるためには、充分に声を休めたあとに、低く深い声がかすれずに出るかどうかでチェックしましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。