ボイストレーニング方法

ボーカル教室のよしあし

ボーカル教室はジャズの本格的なボーカルを指導する教室や、カラオケ上達のためのスクールは全国各地に存在しています。
ボーカル教室は東京はもちろん、大阪・関西・横浜・福岡・広島・群馬・長野・山口、あげだしたら全都道府県の件名を挙げなくてはいけなくなります。
ジャズボーカルに限らず、ボーカル教室の多さに、潜在的に日本人が音楽を本当に好きなことが伺えます。
札幌だろうと沖縄だろうと、そこに音楽はあふれていて、ミュージシャンへの憧れはなくならないのでしょう。
ボーカル教室がジャズボーカル教室のようななんとなく敷居の高いものから一般の方にも歌に親しみを持ってもらえるように経営しているボーカル教室も、音楽にかかわるすばらしさを教えてくれるでしょう。

ボーカル教室では、歌がうまくなるための練習は当然ですが、音楽の楽しさを味わえます。
深い声の仕組みの勉強にもなります。
声を出すための呼吸や声帯の秘密や構造、発声時の仕組みから教わルことができるのです。

千葉や静岡、岡山、長崎、各地方のボーカル教室でもボイストレーニングに必要なボイストレーナーの需要も、ボーカル教室の増加に伴って、どんどん増えていくでしょう。
心配なのはボイストレーナーの質です。
本来ならば、東京にいても大阪にいても沖縄にいてもどこのボーカル教室でもあなたの音楽をやりたい夢を進歩させるボイストレーニング方法が構築されていればいいのですが、間口が広がったときに果たして各地のボイストレーナーは本物のボーカリストを育て上げるだけの指導力を持っているのでしょうか?

ボーカル教室で足りない可能性のあるボイストレーニングにおける知識を腹式呼吸や声の発声のしくみ、声のメカニズムをここに記して生きたいと思います。

うまく歌を歌いたいとあなたが望んだとき、よく、歌うときは腹の底から声を出せといわれます。

ボーカル教室に通うかどうか迷っている偉大なミュージシャン・ボーカリストを目指す初心者にとって、腹から出せの発声上の本当の意味を理解するのは知識が要るのです。

腹の底から発声するということがどういうことかはっきりとわかってければボーカル教室にいくら通っても歌がうまくなるわけではないでしょう。

自分の体のしくみをうまく利用して声を出す、音を作る、この行為ができるかどうかにはそれなりに知識も必要でしょう。

もちろん一部の才能ある転生のボーカリストならば意識しなくてもすばらしい声を披露してしまうでしょうが。

普通に生きてきた私たちはボーカル教室で歌のうまくなる方法を学びながら、声の出るときのしくみを知ることです。

とはいっても、医学的に体の構造すべてについての専門的な勉強が必要なのではありません。

実際には声を出した時にどの体の部分を使ったな。
と体感できる感覚を養えばいいだけです。

声が音になっていく課程を自分の体の中で感じられるのは、ボーカリストとしての大きな武器です。

ボーカル教室…声に変わる呼吸のメカニズム

息は声を出すときにかならず吐き出されます。
しかし呼吸は、私たちはたとえどんな天才ミュージシャンでも肺を自力で膨らませたり、縮ませたりはできません。

俗に言う腹式呼吸のことをさしますが、肺を取り囲む胸郭が、横隔膜、の変化によって押し出されたり戻されたりするのです。


ボーカル教室…横隔膜の動き

横隔膜は胸腔と腹腔の間にあり、ふだんはお椀をふせたような形をした筋肉質で、横隔膜が収縮すると、膜全体がぺったんこになって下がり、胸郭の容積が増します。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。