ボイストレーニング方法

ボイストレーニング方法

ボイストレーニング方法について全国都道府県共通の対処方法。
もちろん東京と大阪で、発声方法が違うわけはなく、名古屋と横浜で腹式呼吸のコツが違うはずもなく、京都は独特のボイストレーニング方法が昔から伝統的にあるわけではないのです。
声をだす仕組みはみんな同じだし、歌がうまいと聞こえる歌唱方法も共通なわけです。
もちろん沖縄だってそうですよね。
プロのボーカリストを目指して様々なボイストレーニング方法をためしてしているけれど、プロのボーカルを目指している割には発音がよくない!いい発声練習方法はないかな?

言葉が滑舌が悪くて何を言っているのかよくわからない!!
音痴なのか?
そんな声の悩みを持つミュージシャン希望の人の解決方法はひとつ。

正しいボイストレーニング方法を実践して、自分が歌のときにどのような呼吸をしているのか、どんな発声方法で声を出せているのか、そして声どう使い分けられるかが、ボイストレーニングを実践して体でわかってしまえば、プロのボーカリストへの道は開いていきます。

さて発音のボイストレーニング方法ですが、他の人に正確に伝わる明瞭な発音とはどういうものでしょうか?ボイストレーニング方法をこれでもか!とがむしゃらに行うのもいいのですが、ひとつ落ち着いて、そのボイストレーニング方法が声にどういう変化をもたらすか?
知っっておきましょう。

声を出すときには声を出すための器官が活動します。
1つは唇。
2つめはあご。
3つめが舌。
4つめが喉(声帯)。
これらの声を出すときに使われる器官が全てスムーズに作動することでよりよい発声が可能となり、それをイメージできるようにするのがボイストレーニングのわけです。
しかし、どれかひとつを意識するあまり、硬くなるのはいい声をだすのに妨げになります。
リラックスすることが正しい発声には必要です。
明瞭な発音を意識してあごの位置を気にしすぎたり、口を大きく開けすぎたりするのは決して声にいい効果はありません。
無理のない自然な発声をできるようにするのがボイストレーニング方法のあるべき姿です。

ここでいう自然な姿とは本来人間が打あせる深くて太い、おなかからの発声による鋭い声のことです。
本来ならボーカリストでなくても私たちは美しい、人を感動させる声を誰でも出せるはずなのです。
姿勢や生活環境、発声の仕方の悪さ、間違えたボイストレーニング方法などのせいで、いい声を出せなくなっているだけです。

声を出すために使う体の器官を邪魔することなくスムーズに独活貸してあげると、誰でもいい声で歌えるはずです。
それを可能にするボイストレーニング方法を見つけましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。