ボイストレーニング方法

ビブラートのやり方

ビブラートのかけ方を知っていますか?
ビブラートはやり方さえわかってしまえば簡単です。
歌にビブラートをかけるやり方の発声練習方法はイコール歌がうまくなるためのボイストレーニング方法となります。
歌のビブラート練習は、ビブラートの方法だけを練習するわけではなく、発声方法の練習を積むボイストレーニング方法によって出せるようになるプロレベルのボーカル力、歌で声を自在に操る歌唱力があって可能となります。

ビブラートのやり方をつかんでしまえば、歌はメキメキ観客を魅了し、ボーカリストとしての自身も得ることができます。

まるで風のようなフルートの音色にかけるビブラートも、振動幅の多いバイオリンのビブラートも、声でかける歌のビブラートには勝てません。
ボーカリストがかけるビブラートはなにより「声」という人間しか出せない「音」なのですから。

ということは、カラオケでもビブラートがかかっている歌のほうがうまく聞こえるのでしょうか?
ビブラートをつけたの方が本当によいのでしょうか。

ボイストレーニングの基本はビブラートを使えるようになることではありません。あくまで歌の上達なのです。
歌はビブラートをつけたが唯一の「うまい歌」ではありません。
ビブラートボイストレーニングで身に着けたあなたが持っていた本来の声を使いこなせるようになった歌唱技術の産物で、使いこなせるようになる装飾のテクニックと思っていてもよさそうです。

なげそんなことをいうかというと、響きのいい美しいと思える音が「声」として出ていなければいくら上手にビブラートがかかっていてもそれはうまい歌とはいえないからです。

悪い発声方法しかできていないうちにビブラートを使用してうまくは聞こえません。スナックで気持ちよく演歌を歌うにはいいかもしれませんが、プロのシンガーのビブラートには聞こえません。
本当にうまいボーカリストの歌はビブラートがどうの、などと気にしなくてもその声だけで魅了されます。
ボイストレーニングに必要なのはビブラートのやり方よりも声の出し方、息の使い方です。
間違えて細かい技術だけにとらわれないようにしましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
始めまして。いつも拝見させてもらっています。
物凄くあつかましいですが、僕の声を聞いてもらって改善すべき点など指摘していただけないでしょうか?
本気で歌がうまくなりたいのでよろしくお願いします。
音源は
http://31.xmbs.jp/vocal/にあります。
よろしくお願いします。
Posted by tkc at 2007年04月02日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。