ボイストレーニング方法

高い声の出し方

高い声の出し方

ハイトーンのボーカリストの高い声の出し方を知っていますか?

高い声をもともと持っているボーカリストも、ボイストレーニングによって高い声の出し方を覚えて行ったミュージシャンもそれぞれ、プロのシンガーとしての大変な努力を積んでいます。
高い声を出すボイストレーニング方法を理解して高い声を楽に出し、音域を伸ばし、さらに高い声を出すボーカリストになりましょう。

さて、高い声を出す方法を知りたがったり、高い声が出ないと悩んだり、高い声を出す方法ばかりがなぜよく取り上げられるのでしょうか?
ボイストレーニングをやっていくと高い声を出すコツだけ気にしているのも物足りなくなっていきます。
ですがたくさんの楽曲があふれる中で一度聞いただけでその曲をリスナーに覚えてもらうインパクトをつけるには印象に残るものが必要です。
手っ取り早いのが高い声で歌うことです。
耳にも残るし、インパクトがあります。
しかししっかりと声の自力をつけるボイストレーニングをしたいと考える方はもうお分かりですよね?
高い声で歌える本を読みあさって、たとえコツをつかめたとしても、カラオケでいくらでも高い声が出せて歌えるとしても、その声はどれだけ魅力的でしょうか・

ボイストレーニングをするのは歌が上達するためだとしたら、高い声が出る方法というのは歌がうまくなる発声練習のひとつに過ぎないでしょう。

高い声を出すだけでは歌を歌うことで人を感動させるには物足りないのです。
地声が高いとか低いとかは二の次にして、プロの歌手のレベルを見据えるならば、正しい発声法を身につけるのが先でしょう。一歩ずつ確実にボイストレーニングを進めることによって高い声は後からついていきます。

4オクターブも使わなくては歌えないような曲は普通ありません。
あったとしてもその曲は名曲となりえるでしょうか?
だとしたら高い声を出す練習よりもまずは今使える声をより磨くのがボイストレーニングのコツです。
それが後々きいてきます。

残念なお知らせですが、高い声が苦手だという方の低い声もたいしてすばらしい声ともいえないことが多いのです。

カラオケで歌をうまく聞かせたい人や、ボーカリストになりたいあなたはあえて高い音にとらわれないことです。

カラオケのキーなどは歌いこなせるキーに調整すればいいのです。
イントロを聴いた瞬間に「2つ下げて」とスパッといいきってさくっと歌う声がすばらしかったらそのほうが間違いなく曲をリクエストされ、歌手になればいいのに、なんて絶賛を受けることでしょう。

高い声にこだわって無理に自分が最も歌いやすいキーではなくて、無理なキーで歌った場合、いい歌がカラオケで披露できるわけはないですね。

歌のキーにあわせて高い声を出すのではなく、自分のキーに歌を合わせないとうまいと思わせる歌の技術を駆使することはできません。

自分の歌いやすいキーで歌うことで声帯に無理をかけることなく、深い声で歌うことができます。
息を使い切った声で、ビブラートも自由自在に使いこなして歌うことができます。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。