ボイストレーニング方法

ビブラートテクニック

ビブラートの出し方とビブラートをうまくかける方法

ビブラートを歌で使う発声方法のやり方の方法の質問には多くの関心があるようです。
ビブラートを歌にうまくかけると歌自体もうまく聞こえますから、そしてなんだか人が聴くとすごくうまい歌手のように思わせられますから人気があるのでしょうね。

カラオケでもビブラートがかかった歌を歌えればごまかしやすいのですね。
ビブラートのやり方の方法を知りたいですか?

ビブラートの練習方法はいくつかあります。
ビブラートのほかの章で安易にビブラートの練習をするのは危険だ!
と、といていますが、腹式呼吸や息の使い方、正しいボイストレーニング方法、姿勢の重要性、深い声とは?
こういった本来の声の発声において優先するべき事柄はわかっているけど、ボイストレーニングを楽しく進めていただくのがこのサイトの趣旨ですから、具体的なビブラートのやり方・方法も述べなくてはいけない気がしてきました。

ここで言うビブラートの出し方はテクニックに頼った方法ですから、まじめに発声練習も忘れないでくださいね。

プロのボーカリストを目指すのならなおさらです。
ボイストレーニングの基本を練習することなしに本当の声は手に入らないことも理解したうえでビブラートの練習を行ってください。

歌を歌うときビブラートをかけるには2つの方法があります。

1つ目は声に出した音に強弱をつけるビブラートのやり方。

2つ目は声に出した音に高低をつけるビブラートやり方。

1つ目の声に強弱をつけるビブラート方法は、まず声を長く伸ばします。
この状態でインディアンのように口に手をつけたり話したりします。
「アァアァアァ」と、口に手を当てているときには音は小さく、話すと大きく出るのがわかるでしょう。
この音の変化を手を使わなくてもできるようにします。

声の強弱を喉ではなくて体で、特におなかや横隔膜でするのがポイントです。
このポイントが理解しづらいので歌は大変なのですね。
ボイストレーニングで歌を磨いて美しい発声を実につけていけばだんだんわかっていきます。

次に音の高低をつけるビブラートの練習方法ですが、声をまず出して、上下に声を高く、声を低く交互に出して見ます。
最初はこの高低の山は緩やかでもかまいませんが、だんだん上下の振動の幅を短くしていきます。
感覚を狭くしていくとビブラートらしくなっていきます。
声に限らずビブラートは楽器でも使いますから、聞いたことはあると思います。
美しいビブラートは、バイオリンのビブラートもサックスのビブラートもその振動の周期は同じです。
あなたが気持ちいいと感じる揺れを感じるまで練習を続けてください。
継続こそボイストレーニングの極意です。
ビブラートのやり方も同じことです。

どちらのビブラートのやりかたを覚えるための練習方法も手や体を歌って行うとイメージがつかみやすいはずです。
洋楽のシンガーでさえ、ビブラートを深くかける時には自然に手を震わせたりするものです。

音楽は目に見えないものですが、それを再現する声を楽器とするボーカリストには、音を再現するためのそれぞれのイメージが大事になります。
発声練習の間はどんなポーズをとってもいいわけですから、こうしたビブラートのトレーニングの際も、できうる限り、自分がどのような体の(喉・声帯・横隔膜・おなかなど)使い方をすれば思うような声が出て行くのか覚えこませる必要があります。
これは他のボイストレーニング方法も同じことです。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。