ボイストレーニング方法

音域を広げる方法

フルートの音域で鳥のさえずりのごとき声で歌うボーカリストがいたとします。そのボーカリストはどんなボイストレーニング方法を用いてそこまでの声と音域を広げ、手に入れたのでしょうか?

楽器には(クラリネット・チェロ・トランペット・サックス・バイオリン・ホルン・アルトサックス・ギター・ピアノ・トロンボーン・チューバ・ベース・ティンパニ・オーボエ・テナーサックスどの楽器でも音域は存在します)
それぞれ音域があり、どのように練習しようとその範囲は変わりません。演奏者の技術によって出せない音もあるでしょうが、楽器の音域は変化することはありません。
一方、声の音域ボイストレーニングでいくらでも伸ばすことができます。

声の音域音域を広げるトレーニングで伸ばせるのです。
これが声という最もポピュラーな楽器のすばらしいところでしょう。

特に高音域は発声練習によって伸ばしやすいものです。
今出せる音域があなたの声の限界とは決して思わないでください。
音域を広げるためのボイストレーニング方法も存在しますから。

アーティストの音域が広くて、自分は音域が狭いからかなわないと思う必要はまったくないのです。音域は広げ方を知ってしまえば案外らくに広がっていきます。
正しいボイストレーニングをしているならば、音域ばかり意識しなくても広がっていたりしますのでご心配なく。

音域にかんしてはボイストレーニングでもなかなか広げるのが難しいのですが、声の太さに関して言うと、素人の場合、低音域は浅い響きしかないことが多いですから、そういう意味では声を太く響きのいいものに変えていくボイストレーニングが生きてきます。

音域調査を行ってみて今と、ボイストレーニングを行って成長した後と比べてみると、2から3オクターブ広がるケースもある音域のトレーニングを真剣に行いってください。

exileの音域がほしいと庶民的なことは言わずに、マライア・キャリーの音域位を目指してがんばっちゃいましょう。

音域を広げるためのボイストレーニング方法を紹介します。

息をあえて多く含んだ声、(裏声)で「ホー」と発声してみます。
恩肉を広げるために練習をする際に気をつける点として、喉を痛めないようにすることが上げられますから、この方法ですと、無理なく練習できます。

音域から始めて、1つずつキーを上げていきます。
高くて声が出せなくなるキーまで音を上げていきます。

意識は高い音域になるにつれて体の下の方から声を出すつもりで出していきます。
毎日繰り返すkとによって少しずつ音域が広がっていきます。
決して、声帯が今より長く伸ばせるようにするレッスンではなくて、もともと出せるはずの高音域を出せるような体の使い方を覚える練習方法だと思って音域トレーニングを行いましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
めっちゃためになります!!ありがとうございます!!!

Posted by 加藤宗大 at 2012年05月18日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。