ボイストレーニング方法

腹式呼吸は答えではない

ボイストレーニング方法はたくさんあるように思えます。
ボイストレーニングでするべきことをまとめてみましょう。

「正しい発声とは何かを意識しながら歌を歌うこと」
ではないでしょうか?

難しく考えずに歌が上達することだけやってください。
最終的には歌がうまくなるというのがゴールだと思います。

腹式呼吸の話をします。
あなたは腹式呼吸ができるからって歌がうまいといえますか?
答えはノーです。
腹式呼吸のトレーニングはボイストレーニング方法のひとつであり、歌唱力をあげる方法とはいえません。ひとつの要素です。
深い息を吐ける呼吸方法を学んでいくのはもちろん正当な方法ですが、たとえば腹式呼吸ばかり取り組んだとしても、声をうまく出すための
方法は何もボイストレーニングできていないのです。

しかし、うまく声を操るのに使うのがおなかであり、息の吐き方です。
それに大事なのは腹式呼吸というわけですが、いくら息を多く吐いて、喉を痛めないように声を出しても、ボーカリストとしての歌唱力はまだ備わっていません。
呼吸法だけで歌のうまさが図れるなら、ヨガのインストラクターは世界クラスのボーカリストです。

腹式呼吸のとらえ方は、それ自体はボイストレーニングの本題ではないということです。

あなたは足首から下だけ動かして早く走ることができますか?
もしくはボールを投げるときに手首から先だけで早いボールを投げられますか?
無理ですよね?
それと同じでボーカルは体全体を使って声を出します。
大きな声を出したり、ボーカルで使う繊細な発声をするには喉だけでコントロールしようとしてもうまくいくはずがありません。
喉でなくて体で支える。
大事なポイントとはなるものの、ボイストレーニング方法の中で語られる時には腹式呼吸をしましょう!といって、話を難しくしてしまいます。

ボイストレーニングの基本となる声のコントロールをする部分を意識することは重要ですが、発声の基本だけを捕らえて難しいと考えて挫折しないように!

ボイストレーニングをしていって、どうにも音程が安定しないな、とか、ロングトーンが続かないな、とか、ビブラートが続かないなと行き詰ったら、ボイストレーニングで声を出してみましょう。
発声練習の中で、喉に引っ掛かりが感じられたら、それがなくなる声の響かせ方を探していく、(壁に背中をくっつけて声を出すと喉の負担は減ったりします。)作業の中で、もっとも声が出しやすい方法を見つけるほうが、腹式呼吸にとらわれているよりも近道です。
結局は歌がうまくなるのがゴールですから、声を出すボイストレーニング以外の方法で、歌を上達させようなんていう方法は、かえって回り道、ややこしくしないようにしましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

複式呼吸で美しく!
Excerpt: いつもご訪問ありがとうございます! なんかここ2,3日。寒かったですね。 風邪などは大丈夫ですか??? この間クローゼットの服を、ほぼ全部夏用に入れ替えてたので焦りました(゚д゚..
Weblog: 下腹ダイエット☆ぽっこり下腹改造大作戦
Tracked: 2007-04-21 17:05
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。