ボイストレーニング方法

高い声を自然にだす

どういうボイストレーニング方法高い声が出し方の方法となるでしょうか?せますか?
ボーカリストや趣味のカラオケの歌唱上達を目指す人たちは高い声の出し方に多くの関心を持っています。
高くて歌えない曲があるからですね。高い声がでなくて、それイコール歌がうまくない、と考えてしまうようです。
逆に「俺はこれだけ高い声が出せる」と高音自慢をする方も多くいます。しかし、実際の歌声を聞いてみると、高い声を出せるという人も、けっしてプロのような日とを感動させる声か?というと、そうでもないのです。
音質・音色に関しては何も訴えかけるものを持っていないのです。
ボイストレーニングにおいて高い声がでないという悩みはよくある質問ですが、もっと問題にしたいのは高い声を出したときのその音色です。響きです。いかに普通に出しているように聞こえるか?
高い声を無理に搾り出して発声したとしてもいい音とは聞こえません。歌がうまいとは思われないわけです。
この、いかに高い声を出しているんだけど、普通に、自然に聞こえるか?という部分を気にしながら高い声をだすコツをつかむためにボイストレーニング方法に取り組みましょう。
さて、今のあなたの高い声と感じる音はどこでしょうか?
今出る限界のキーのことです。
最初のボイストレーニングの目標は今出せる音で一番高い声が、よりスムーズに、自然に歌えるようにすることです。
今出ないキーを出せるようにすることではありません。
土台ができていないうちの高音を出すトレーニングは喉に負担をかけてしまいますから、高い声を出すためにはかえって逆効果です。
喉に負担を与える発声方法が自然な発声とはいえません。
高音は、いまある音を完全に歌で使える(すばらしいと思えるような無理に出しているとは聞こえない声)声の音域を広げていくことで手に入ります。
徹底的に出せる高さの声を磨くのが多胎声をだして歌う方法です。
低音・中音域がプロに近いレベルで出せるようになれば、音域は広がり、高い声も自然で深みのある声になっていきます。
今出る高さで発声練習を行い、その時の息のコントロールや喉を絞めないで歌う感覚、おなかを意識するといったボイストレーニングが高い声を出すのにつながっていきます。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。