ボイストレーニング方法

発声時の声の響きのボイストレーニング

ボイストレーニングで歌を上達させる。
発声練習で音程を正確に発声できるようにする。
そういったボイストレーニング方法を毎日のように行っていくのですが、今、発声しているあなたの声がどの様なものかわかりますか?

普段聞こえている自分の歌っている声と、周りが聞いているあなたの声は違うのは別の章でも書いていますが、(声の音色は録音すれば明らかに違いがわかります)発声したときにどのような響きをさせているのか、発声をしたときにどういう息使いをしているのか(浅い声で薄っぺらい声や深い息使いに乗った太い声)、歌の音程はどの程度正確なのか、ボイストレーニングをする前、した後でどう変わっているのか、体調のよしあしでどのくらい声が変わるのか?
といった自分の声に対する理解がどの程度あるでしょうか?

このあいだコブクロの黒田さんが「休みの日は誰かと会うとしゃべってしまうから一人で部屋にこもる」と、テレビ番組で発言していましたが、ボイストレーニングを始めるに当たって、自分の声に関心を寄せ、ケアしていくことはボーカリストにとっては大事なことです。

今日は発声したときの声の響きを意識するボイストレーニング方法です。
できる限り響かせる部分を変えるように発声を意識した何パターンかの声を録音してみましょう。
そのそれぞれの声のちがいがつかめるでしょうか?
発生時の声の響きを体の前・後ろ、上・下に響かせるポイントをずらして出してみるのです。
同じ高さの同じフレーズでも聞こえ方が違うのがわかりますか?
プロレベルの歌唱を行うには、この違いも踏まえつつ、曲のフレーズにもっともあう響かせ方を使わなくてはいけません。
一音一音当てはめていくのは大変な作業ですが、歌の歌詞を読んでみたときに自然に音程は上下します。
言葉の意味合いが明るいもの、暗いものがあります。
それに素直にしたがって響きをあわせていくのです。
ボイストレーニングでは課題の曲を決めて歌いながら歌の上達に励むことが多いですが、その曲をどのように歌うかを決める際には、事前にこうした声の響かせ方を把握しておくことが重要です。
ボーカルレッスンスクールはあなただけのために時間を用意してはくれませんから、あらかじめ自分だけがわかる譜面・チェックシートでかまいませんから声の響かせ方がわかる譜面を用意しておきましょう。

響きのポイントを増やすには、喉で発声していてはできませんし、息使い、呼吸方法も、ある程度つかめていないと理解できないかもしれませんが、このボイストレーニング方法のコツをつかむことで、響きの種類もどんどん増えていくでしょう。
歌声のバリエーションが広がっていきます。

声を出したときに体のどの辺りに声を当てるか意識して発声してみると意外につかみやすいものですよ。自宅でもできるボイストレーニング方法ですから、試してみてください。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。