ボイストレーニング方法

電話の話し方

電話での話し方はとてもデリケートなものです。
音楽をやるようにただ単に響きがよく、いい声で話せばいいというわけではありません。ボイストレーニングで磨き上げた美しい声は電話越しでもわかるものですが、相手は歌を聴きにきているわけではなく、ボーカリストとしてのあなたの声を聞いているのではなく、電話をかけているのですから。
もちろん1,2年ボイストレーニングを行って、久日ぶりに友人にでも電話をしてみましょう。あなたの声が変わって、すばらしいものになっていることにきっと驚かれるはずです。
しかし、どういった状況でも電話話し方をマスターするには単に声がいいだけでは足りないのです。
今日は電話での話し方と、それから連想する音楽の話をしていきます。

電話での応対の話し方
仕事の取引先や、顧客との電話での話し方では、用件を相手にわかりやすく簡潔に伝える必要がありますね。
言葉の滑舌に気をつけることは歌詞の表現にも通じます。
何を言っているかわからない話し方も、何を歌っているかわからない歌詞も、伝わりません。
発音のトレーニングが必要です。

○彼女との電話話し方
彼女との電話話し方は、適当な話の話し方をすると、敏感に反応して怒られちゃいますよ。
相手を常に気にしているんだぞと、思わせる話し方をしましょう。
音楽でボーカリストは楽曲の歌詞で自分の思うことを伝えるわけですから、彼女との電話の時にやさしくなってしまう話し方のトーンをよく思い出してみましょう。
ラブソングならばそうした話し方を歌ですればいいわけです。

○クレーム電話
できるだけ相手の興奮した気持ちに火をつけないような低姿勢だけれども毅然とした態度が必要なクレーム電話での対応の話し方は、感情を押し殺すような歌詞の表現に通じるものがあります。

音楽的に電話話し方を解釈すると、すべて歌詞の表現方法につながるのがわかると思います。
歌にも心を込めてといいますが、発声練習でいい声を作り上げたならば、その声はいい素材なのですから、表現方法も考えていきましょう。
音楽タグ:音楽 話し方 電話

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/39196922
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。