ボイストレーニング方法

高い声の出し方は声を下でとる

高い声を出す方法を喉から手が(声が)出るほど知りたいボーカリストや、高い声が出せなくてカラオケで歌うのがいやだという自称音痴の方、高い声の出し方を自分なりに研究して自己流のボイストレーニングをするのだけれど、一向に成果の現れない人、たくさんいらっしゃいます。
皆さんそれぞれこっそりと高い声が出せるようになる発声練習や努力をしていたりしますが、きちんと効果のある高い声を出すボイストレーニング方法になっていますか?
歌において高い声が出せるのは魅力的なことなのでしょう。
どういう注釈をつけても、音楽に必要なのは、ボーカリストに必要なのは高い声ばかりじゃないと基本に忠実なボイスレッスン・ブレストレーニングを進めても、それでも高い声を出したいようです。
すぐに効果のある高い声の出し方や、見る見るうちに高い声が出せる方法といった言葉に飛びついてしまうのはそのためです。
あさはかとも思いますが、腹式呼吸と並んで高い声で歌えるようになる方法というのは、ボイストレーニングの中でも特に人気のある話題です。
というわけで、今日は高い声で歌うためのコツを考えて行きましょう。
どのような発声練習方法かというよりも、今あるあなたが出せる一番高い声の聞こえ方についてです。
答えからいうと、訓練がうまくいき、音域が広がって楽に高い声が出せるようになると、今出している声はそれほど高音には聞こえなくなります。
聞く側にとって今までは高い音と認識していた声が、楽に出せるそんなに高くない声に聞こえなくなってくるのです。
音楽の先輩たち、プロのボーカリストの(特に地声が低いタイプのシンガーなど)サビにきたときの音の一番高いところを聞いてみると、自分でも歌えそうなくらい楽に歌っていて、太く芯があり、感情もこもっていて完全に歌いこなしています。
それがまるで地声かのような錯覚に陥ります。
まだまだ高い声が出せそうな気さえしてしまうのです。
もちろんプロのボーカリストですから、実際にもう少し高い音まで声を出すことはできるのでしょう。
(そのためにシンガーたちは毎日の発声方法に気を配り、ボイストレーニングを欠かさないのですから)
注目したのは、ボーカリストたちが高い声を出しているときの声の深さです。キーが広いと自慢するカラオケ名人との違いがここに現れます。リラックスした状態で深い息を使い、体の下の方から太い音が頭の後ろにスパンと抜けていきます。
普通の人が高い声を意識するとどうしても喉を締め付けて、上のほうで音を響かせてしまいます。
そうではなくて、高い声を出すときにはむしろ意識を下に下において、深いところから息と共に後頭部にめがけておくるのです。
この時にもちろん声は喉を通り過ぎます。
喉を締め付けていては道がなくなり、渋滞し、音は響きにくくなります。この体の使い方はボイストレーニング繰り返し覚えるしかありません。今日覚えておいて欲しいのは、♪高い声♪ほど、太く出せるをもって発声するイメージです。


関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
高校生の女子です。一ヶ月後に授業で歌のテストがあります。一ヶ月でのびのびした声と高音が手に入る方法はありませんか?歌がとても下手なので恥ずかしいんです(_ _。)
Posted by なな at 2007年04月20日 19:10
ななさんコメントありがとうございます。

どんな曲を歌うのか、どんな声をななさんがお持ちなのかわからないのでずばりと教えにくいですが、もしよかったら個別にメールでボイストレーニング方法をアドバイスしていますので活用してくださいね。(タダだし)
Posted by かず at 2007年04月25日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。