ボイストレーニング方法

リラックスしてボイストレーニング

リラックスしなければ響きのいい、強い音は発声できません。の巻!!
ボイストレーニング方法を声の悩みを持つ方々にそれぞれにあったものを提供できるように開始したボイストレーニング方法の悩み相談フォームですが、ここ数日で実にたくさんの音楽に、ボーカルに興味を持ったかたが発声方法の悩みのお便りを寄せてくれています。
こちらからのボイストレーニングについての知識を発信するだけの記事とはちがい、人によって発声の悩みは様々です。
どのようにお伝えすればそのボーカリストさんが理解できるのかを考えつつお答えするのは、発声方法についての新たな考え方や伝え方の発見もあり、非常に面白い試みです。
音楽っていいなあなんて干渉にふけってました。
ビブラートが出したい肩や、高い声を出せずに自分の声の限界を感じてらっしゃるボーカリストの皆様に、生で感想をいただくのは非常に励みになりますね。
ボイストレーニング方法のこの音楽・ボイストレーニング方法のサイトも気がつけば500以上の記事にまで成長してきましたが、まだまだ伝え切れていないボイストレーニング方法があるなあと実感する最近です。

さて、今回のボイストレーニング方法ですが、いただいた声の相談の中で意外に音楽をやっているかたも意識していないんだなあと感じたことについて語りたいと思います。

それは「リラックスの重要性」です。

声の悩みの内容はこのようなものでした。


声量がない

声を出すほど喉を痛めてしまう

そして自己分析によると猫背な為、正しい発声ができないのではないか?

このような声の悩みをお持ちの方は意外に多いんです。
声量がない、喉が痛くなる、お腹から腹式呼吸というやつで歌わないとダメですか?
といった質問です。
声量が足りていないと感じているので喉に力を入れてしまう。
喉に力が入りすぎるので痛くなる上に、音程のコントロールもしづらくなる。
さらに高い声を出そうとするともっと喉を締め付ける結果になる…

よくありがちな陥りやすいパターンなんですね。
音楽や発声をよくスポーツにたとえたりしますが、この悪い流れをたとえるならこうです。

野球編
1ホームランを打ちたい
2でも遠くに球が飛ばない
3もっと力を入れてバットを振ろう
4力んでスイングがばらばら
5大して飛距離が延びない(もしくは当たらなくさえなる)

余計な(発声に必要な無駄な)力が入っていてはボーカルも同じで声というボールを遠くに飛ばすことはできません。
(大きな声、響く声といったところでしょうか?)
発声にはリラックスが必要なのです。
ボイストレーニングを全身の力を入れて行ったとしてもきっと疲れるだけです。
いくら力んでも声は響いてくれるばかりか、喉を痛める結果にしかならないことを覚えておいてください。

リラックスだな、リラックス
実際に体や喉の力を抜いて歌を歌ってみてください。
今度は力を抜きすぎてはいませんか?
リラックスするのって本当に難しいものです。
お悩みをいただいたボーカリストさんにもリラックスするように進めたかったのですが、ひとつ不安がありました。
「姿勢が悪く猫背です。」
といった自己分析です。
たしかにお腹から息を運んで声に変えていくために、姿勢を正すのは必要なのですが、体が固い人やもともと姿勢の悪い方が急に姿勢ばかりにとらわれると、かえってリラックスできず、硬い声になる危険があるようです。
ストレッチなんかも進めたいところですね。
ボイストレーニング、発声は体を使う作業ですから、柔軟な筋肉の法がやはり有利ではあります。

このボーカリストさんの音源を実際に聞くことができたわたしはこのように姿勢に気を配りすぎてリラックスが損なわれないように、こんなボイストレーニング方法のアドバイスしてみました。

○声の響きを確認する方法

リラックスして立った状態で、首を前にうなだれた位置からだんだん首を持ち上げてゆっくり上を向く。

この動作を声をだしながら行う。

喉が楽になり、響きのいい場所があると思うのですが、いかがでしょうか?録音してみるとわかりやすいと思います。

猫背の方が無理に姿勢ばかり意識すると余計に体に力が入ってしまいますので、この方法で声が楽に出せる首の位置を探すところからやってみてはいかがでしょうか?


これは声を出すために一番スムーズな首の位置をチェックするためのものです。姿勢にこだわらず、実際に響きのいい声を出すための首の位置だけを気にして、後は自然にリラックスして歌を歌ってみるのです。
首の位置でどれだけ超えの音色が変わるのかみなさんもぜひ試してみてください。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/40636646
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。