ボイストレーニング方法

ロングトーン(ブレス)の練習

ロングトーンの練習方法。ロングトーンは長く息を吐くという意味でも捉えていただけますが、(ロングブレスと書いてもいいでしょう)
ボイストレーニングをやっている方には「息が続かない」と嘆いていらっしゃる方も多いようです。
曲の肝心なフレーズをのばすところで息切れしてしまい、尻切れトンボになってしまう歌い方しかできないボーカリストがいます。
(プロのボーカルではさすがにいませんが)
なぜ息が続かなくなるのでしょうか?
これは普段の会話での話し方と歌を歌うときとでは声が変わってしまう原因とも似ています。
ロングトーンや歌唱するという行為におおげさな意識を持ってしまうと、ついより大きな声を出そう、いい声を出そう、こもらないように発声しよう、ビブラートは?などと余計な事を考え、本来の自然な発声方法で声を出せなくなります。
ロングトーンをしようと意識しだすと、今までの呼吸では息が足りなくなってしまうので、余計に歌う時にもっと息を吸わなくては!と吸うことばかりにとらわれてしまいがちです。
余計に息を吸い込んでしまうのです。
これがいけません。
歌唱には(息を声に変えるには)そんなに多くの息が必要なわけではありません。余分に息を吸うと入らない押入れにぎゅうぎゅうにものを詰め込むのと同じように体にプレッシャーがかかってしまいます。体に力も入ってリラックスが必要な発声に違和感が出てきてしまうでしょ?
むしろ歌うときの息は吐ききることを前提に考えてみましょう。
足りなくなったら空気は勝手に入ってきます。
寝ている間も勝手に息は吸っているでしょう。
息を吐き切ることができるようになると声を音にするときに余分に息が使われることがなくなっていきます。
そうした自然な呼吸ができるようになるとロングトーンも余計な息漏れが少なくなりますから、長い人では1分以上吐き続けられるボーカリストもいます。音程も安定してくると思います。
ボイストレーニングで呼吸(ブレス)にこだわるのはこうした理由からです。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/41285913
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。