ボイストレーニング方法

加圧トレーニング

4スタンス理論については引き続き発声練習に応用するために研究中ですが、このボイストレーニングにスポーツの科学的要素を加えていくという点で他のトレーニング方法も参考になるのでは?と考えています。よくボイストレーニングでは体が楽器だよといいますが、
その楽器は弦楽器でしょうか?
それとも管楽器でしょうか?
まさか打楽器?
どれであっても体は楽器だというのならば体の使い方を科学的に究明する方法というのは発生にもつなげて考えることができるはずです。

そこで加圧トレーニングについても文献を読んでいるところです。
カアツトレーニングとはキン肉マンの左腕の骨を再生する運動のことです。(週刊プレイボーイより)
加圧トレーニングは重たいバーベルを持ち上げるような運動ではなく軽い負荷の運動で大きな運動効果が得られるというトレーニング方法です。東京では渋谷や新宿や自由が丘、池袋、銀座、水道橋、目黒、足立区、白金、吉祥寺と多くのジムが開設され、全国的にも大阪、名古屋、福岡、横浜などの各都市で低酸素トレーニング、加圧トレーニングができるジムが増えてきています。
これは藤原紀香さんなども試している方法で、専用の加圧ベルトで腕・太腿に適切な圧力をかけながら負荷を与えることで血行を促進しつつ成長ホルモンの多大な分泌を促す運動です。
短期間で筋力の増強が可能なものが加圧トレーニングですね。

加圧トレーニングを行った30分後は、成長ホルモンが100〜300倍にまでアップするそうです。怪我の回復にも効果があるそうです。最初に言った体は楽器という点でいくと、損傷している楽器の部分があるのならばそこには超えの共鳴はしにくいのではないかな?と思いますね。治癒することによって音の響き方も向上に向かうことができる気がします。それと代謝は上がるでしょうから水分が足りなくなりがちな声帯への血流も上がりそうですね。
喉の疲労への高価も期待できそうです。
もうすこしほり下げてからまた書いてみます。
音楽タグ:加圧トレーニング

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/49843924
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。