ボイストレーニング方法

姿勢とリラックス

よくリラックスしていい声を出すために(腹式呼吸を出し方のアドバイスとして)仰向けに寝転がって歌ってみるというのがありますね。立って状態もしくは座って緊張しない姿勢を作るのが難しいのは肩こりや腰痛に悩まされる方は良くわかると思います。
自然に立っているつもりでも知らないうちに力が入ってしまい首や肩・腰に力が入っているのでしょう。
これではとてもリラックスしたフォームで伸びのある歌は歌えません。
そこで重力から開放されるために寝転がって歌ってみるボイストレーニング方法が存在しているわけです。
わたしの場合も体が基本的に硬いので何度重力のないところで発声練習したいなと思ったことか・・・声を出しているときにどういう体の使い方をしているのか常に意識を持って発声しましょう。同じように歌うために最も適した姿勢を手に入れるためには姿勢に対して強い意識が必要になってきます。姿勢をよくしようと意識すればするほど背中に力が入ってしまったりもすると思います。鏡の前で体の状態を見たり、力が入らない姿勢を探すのは自分の歌うときのフォームを見つけるためにぜひやっておきたい項目ですね。
正しい姿勢を持っていれば動きながら歌っても長時間ボイストレーニングしても体自体に痛みを訴えることはないでしょう。
逆に無理に力んだ姿勢ではわずかな間の発声練習でも体中が疲れます。
音楽タグ:姿勢

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/52693747
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。