ボイストレーニング方法

音楽を聞く

「音楽を聞く」について考えてみたいと思います。
歌のレッスンをするときには音楽を「キク」というのはさまざまな漢字が当てはまりますね。
一つは一番音楽で使われることの多い、「聴く」
でも、ボイストレーニングでボーカルの声にふれようというときにこの「聴く」はあまりあてはまらないかなと思っています。
自分の歌の上達という目的があって音楽を聴く時には、一歩下がって、どういうのばし方で、響かせ方で、音色で、という情報を「聞く」琴が必要ですよね?「訊く」という尋問のようなしつこいくらいの分析があってもいいと思います。
誰か好きなボーカリストがいたとして、その人の声を真似するとしましょう。上っ面だけのマネではカラオケで似てるねーーと言われて終わってしまいます。
息遣いからじっくり研究してもいいっすよね?
そして、ボイストレーニングで発声をしたときに自分の声を録音して、「訊く」琴も必要になってきます。
誰に聞かせるわけでもない練習中時こそ音程一つとってもシビアにこだわっていきたいっすね。
その繰り返しがボーカル力をを上げるのに「効く」コツですね。
自分自身の声を丸裸にして分析するとぐったりすることもありますが、それが大事ですねえ。
自分が出している声と、他人がきいている声は違いますから、耳は他人に届いている声にあわせて「キク」ように鍛えましょう。
録音してる声を何度もきいていればなれてきますから。
音楽タグ:聞く 音楽

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ
この記事へのコメント
始めまして。勉強させてもらうことばかりで本当に楽しいです!

今は口内炎ができてしまいましたが、直ったらしっかりトレーニングします!
Posted by 舌の病気 at 2007年10月17日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。