ボイストレーニング方法

防音室

防音室は中古でも何十万円もするのでなかなか歌の練習がしたいからといって簡単に導入できるものでもありませんね。 防音室もレンタルをしている業者もありますが、つきづきのことを考えるとやっぱりね。それならきちんとしたボイストレーニング教室に通ってしまう方が効果的かもとも思います。防音室の価格は本格的に防音室をつくりピアノやドラムでも気にならないくらいに強力な防音設備にしようとすると大変な価格で100万円するものも出てきます。ヤマハの防音室などはレンタルしてるからどうしても自宅で歌の練習や楽器の演奏、ボイストレーニングをするならばあったほうがいいんですけど、防音室を自作するにしてもこだわってどんな音量にも負けない防音室を構築しようとするとやはりそれなりにかかってしまうし、なにより防音室を作る労力を考えるとその分、歌の練習をしたくなっちゃいますね。
今日言いたいのは、音は漏れないようにするのは結構大変なんだよ!ということです。防音室を例にすれば完全な防音を自宅で得るにはどれだけの壁の厚さが必要になることか。
以外に自分の声がどの位、どこまで届いているのかって、わかりにくいものじゃないですか?最適な音量で歌を歌えているのか、自分に聞こえている声と周囲に聞こえている声の違いによく耳を済ませる必要がありますね。
また、防音室の設計を考えていくと音の方向や伝達の仕方の勉強が必要になってきますが、こうしたことはボイストレーニングに取り入れる余地が十分にあります、音の伝達性をわかった上で発生を始めるとより、声が楽器だということが意識できます。
とはいえ、たのしく歌うこともとても大事ですけれどね。
音楽タグ:防音室

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

歌唱力向上

歌唱力向上を考えるボーカリストの皆様こんちは!
はっきりいって、カラオケの歌唱力向上となると、誰でも可能です。ボイストレーニング教室に通えばたいていクリアできます。
このサイトだって隅から隅まで読んだならば、(かなり時間かかりますが…)歌唱力向上にはつながると思います。
プロのボーカリストを目指す以前の音痴を克服しようだとか、カラオケがうまくなりたいなあ、といった目的の歌唱力向上のためのボイストレーニングでしたら、非常に簡単なのです。
料理人ほどの腕前は難しいとしても、まずくないご飯を作れるようになるのは誰でもできるのと同じようにです。
声の出し方について、音程について、技術不足や知識を埋める学習をすれば歌唱力は向上していきます。

ひとつ音楽のレベルを上げていくと、歌声の中には技術は足りないけど響くものがあるといった、「声質がいいね」とか、「高い声がでるね」とか、「低音がかっこいい」ですとか、ボーカリストに大事な「個性的な声をしてるねえ」と評価できる歌い手さんがいらっしゃいます。
リスナーに何か訴えかける声を持っているのですが、詰めが甘い。
フレーズを伸ばしたときですとか、高音でのピッチが崩れるとか、プロのシンガーに比べて劣る部分がある人です。
歌唱力を向上させていけばとても面白いボーカリストになる可能性を含んだ転生の声、キャラクターをお持ちの方には、本格的な発声練習をお勧めします。
だってもったいないですよ!

歌唱力向上はもう必要がないくらい、歌がうまいボーカリストはたくさんいるのですから。
めちゃくちゃ歌がうまいシンガーさんのファンは意外と同じようにシンガーになりたかったりボーカルをしている人が多いようですね。
同じものを目指す人にとってのお手本にされたりはするのですが、いざ音楽業界に殴り込みをかけても、歌唱力だけで勝負した場合には、それより歌がうまい人がいたら勝てないわけです。

このことから考えると、ボイストレーニング方法も個人個人、メニューが変わっていくはずですね。

個性的な声やひきつけるものを持っているボーカリストの方にはただもうひたすら歌唱力向上につとめていただく。

そして歌唱力は十分にあって今ひとつ人気や成果が出てこないというボーカリストさんには歌唱技術以外の、
(たとえばそれは趣味かもしれませんし、遊びかもしれませんし、オリジナリティや楽曲かもしれません)
要素をのばす必要があるとお考えます。
自分をタレントとして考えるといいかもしれません。
「歌を取っても実に来てくれるお客さんがいるかどうか?」
誰も来ないだろうというのでしたら、それは歌唱力向上よりも磨いていきたいものですね。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

声枯れ

声枯れに効くものって何かありますか?
という声枯れになってしまった方から声枯れの治療方法についた質問がありましたので参考までに。
声枯れの症状を訴えた場合、特にボーカリストは早めの治療が大事です。声枯れの状態をハスキーボイスと一緒にはしないようにしてくださいね。
声を武器に商売するボーカリストにとって声枯れなどの喉の異常は発声の上でもボイストレーニングをする上でもいいことはひとつもありません。声枯れにはなる前のデリケートな喉のケアをしていく必要があります。
声枯れの原因は風邪をひいたときや、大声で歌いすぎたとき、(ボイストレーニングのやりすぎには注意)に起こりやすいようです。
また、ボーカリストの方にもたくさんいますが、普段から煙草の喫煙が多い方もそれが原因で声枯れを起こしやすくなります。

声枯れの原因のひとつである風邪の場合でしたら、治療にはそこまでたいへんなことはないとおもいますが、ボーカリストの声で多い声枯れの症状には声帯結節、声帯ポリープなども考えられます。
声帯ポリープになると、手術で治すことはできますが、再発を避けるには発声方法を工夫したり、治療の継続が必要になってしまいますから、思い切ったボイストレーニングもままならなくなり、損です。

声枯れに効くと信じられているのど飴も、○田飴、○天のど飴、トロ−チ、三角ののど飴など色々ありますが、やはりどんな薬よりも、喉を使わないことが一番の特効薬です。
となれば、その間中、音楽鑑賞などの耳を鍛えるボイストレーニング方法や、体を鍛える(ストレッチや筋肉トレーニング)しかできなくなってしまいます。

長期間をかけて薬で声枯れを治す方法と手術で声枯れを治す方法の
2択がありますが、「ならない」ように喉には気を使いましょうね。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

ボーカル教室のよしあし

ボーカル教室はジャズの本格的なボーカルを指導する教室や、カラオケ上達のためのスクールは全国各地に存在しています。
ボーカル教室は東京はもちろん、大阪・関西・横浜・福岡・広島・群馬・長野・山口、あげだしたら全都道府県の件名を挙げなくてはいけなくなります。
ジャズボーカルに限らず、ボーカル教室の多さに、潜在的に日本人が音楽を本当に好きなことが伺えます。
札幌だろうと沖縄だろうと、そこに音楽はあふれていて、ミュージシャンへの憧れはなくならないのでしょう。
ボーカル教室がジャズボーカル教室のようななんとなく敷居の高いものから一般の方にも歌に親しみを持ってもらえるように経営しているボーカル教室も、音楽にかかわるすばらしさを教えてくれるでしょう。

ボーカル教室では、歌がうまくなるための練習は当然ですが、音楽の楽しさを味わえます。
深い声の仕組みの勉強にもなります。
声を出すための呼吸や声帯の秘密や構造、発声時の仕組みから教わルことができるのです。

千葉や静岡、岡山、長崎、各地方のボーカル教室でもボイストレーニングに必要なボイストレーナーの需要も、ボーカル教室の増加に伴って、どんどん増えていくでしょう。
心配なのはボイストレーナーの質です。
本来ならば、東京にいても大阪にいても沖縄にいてもどこのボーカル教室でもあなたの音楽をやりたい夢を進歩させるボイストレーニング方法が構築されていればいいのですが、間口が広がったときに果たして各地のボイストレーナーは本物のボーカリストを育て上げるだけの指導力を持っているのでしょうか?

ボーカル教室で足りない可能性のあるボイストレーニングにおける知識を腹式呼吸や声の発声のしくみ、声のメカニズムをここに記して生きたいと思います。

うまく歌を歌いたいとあなたが望んだとき、よく、歌うときは腹の底から声を出せといわれます。

ボーカル教室に通うかどうか迷っている偉大なミュージシャン・ボーカリストを目指す初心者にとって、腹から出せの発声上の本当の意味を理解するのは知識が要るのです。

腹の底から発声するということがどういうことかはっきりとわかってければボーカル教室にいくら通っても歌がうまくなるわけではないでしょう。

自分の体のしくみをうまく利用して声を出す、音を作る、この行為ができるかどうかにはそれなりに知識も必要でしょう。

もちろん一部の才能ある転生のボーカリストならば意識しなくてもすばらしい声を披露してしまうでしょうが。

普通に生きてきた私たちはボーカル教室で歌のうまくなる方法を学びながら、声の出るときのしくみを知ることです。

とはいっても、医学的に体の構造すべてについての専門的な勉強が必要なのではありません。

実際には声を出した時にどの体の部分を使ったな。
と体感できる感覚を養えばいいだけです。

声が音になっていく課程を自分の体の中で感じられるのは、ボーカリストとしての大きな武器です。

ボーカル教室…声に変わる呼吸のメカニズム

息は声を出すときにかならず吐き出されます。
しかし呼吸は、私たちはたとえどんな天才ミュージシャンでも肺を自力で膨らませたり、縮ませたりはできません。

俗に言う腹式呼吸のことをさしますが、肺を取り囲む胸郭が、横隔膜、の変化によって押し出されたり戻されたりするのです。


ボーカル教室…横隔膜の動き

横隔膜は胸腔と腹腔の間にあり、ふだんはお椀をふせたような形をした筋肉質で、横隔膜が収縮すると、膜全体がぺったんこになって下がり、胸郭の容積が増します。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

声帯のしくみ ボイストレーニング

ボイストレーニング声帯のしくみをしらず、闇雲に声を出す練習ばかりしても、それがなぜいい声を手に入れる方法なのかをわかっていなくては、やっていても継続が難しくないでしょうか?

自分のやるボイストレーニングがどのような効果を期待できるかどうか、声帯のしくみを知っている知っているのは、発声練習にやる気を起こすためにも必要だと思います。

ミュージック界に旋風を起こすくらいの気持ちで勉強してみましょう。

あなたの歌はうまくなります。

呼吸をして吐き出される空気がどのようにして声に変わっているのか知りたくありませんか?

息が声帯で声に変わる仕組みについて触れたいと思います。

声が楽器のミュージシャン、楽器の仕組みも知りましょう。
声帯のしくみも熟知しておきましょう。

まず、ボイストレーニングを正しく行えるプロのボーカリストたちが行っている良い声によって歌う行為は、多すぎず少なすぎず、適正量の空気が正しい量で声帯に送られることで初めて再生され、聞くことができます。

この息が流れたときの状態の声帯をわかりやすく説明するならば、

声帯はちょうどVサインうをした2本の指の形のようなものです
ピースサインを作って顔に向けて、口の前で指をできるだけ近づけて見ましょう。

2本の指でできた空間に、軽く息を吹いてください。
これが、基本的に声帯が開いている時に正しく空気が入り込んだ状態で、吹いた息はスムーズに流れていきます。
ボイストレーニングのときに何気なく歌っていたのとは違って、音が作られている感覚がイメージできませんか?

声帯をこの位置にして歌うと、声は息を含んだ声になり、やわらかさやふくよかさを含んだ声になります。
音楽ジャンルにも、歌詞の内容にもよりますが、こういった息を多く含むボーカルが使えると、歌にも深みが出せるようになるでしょう。

低音部を歌うときこの方法で声をだすと、よりわかりやすいかもしれません。


今度は指を閉じて息を吹き出してみます。

指の間には今度は隙間がないので、出て行く空気がブロックされるのがわかるでしょう。

声帯を閉じているときにはこのような息の流れが起こります。

この声帯を閉じた状態で歌を歌うと、あなたの声は硬くてとがった、鋭い子になります。
地から強い声が欲しいとき、ロックボーカリストなどはこの方法の声の法が歌によく会うかもしれません。


つぎは交互に指を閉じたり開いたりしてみましょう。
写真撮影ではないですから、自分にVIサインを向けるんですよ?
ボイストレーニング中ですからね?

さあ、息を吹いてみてください。

開いて閉じて、開いて閉じてを繰り返します。

歌を歌っているときには声帯はこれと同じような運動をしています。

体内から息が出て行くと、すぐさま声帯は閉じられ、また同じ過程を繰り返します。

歌を歌うとき声帯はこの開く関じるの運動を1秒間になんと200〜2,000回も行っています。

この早い振動は喉に力を込めてスピードを調節するのではありません。

風車に息を吹きかけると回転を始めるように息が吐き出されるときに自然に振動するのです。

なのに喉に力が入っているとその運動はうまく機能しません。

それどころかあなたの喉を痛める原因にもなります。

声帯の運動の仕組みを理解したならば、今後はリラックスして自分の出している声を信じて喉に力を込めてしまうのはやめましょう。

ボイストレーニングの時にはその意識を忘れないようにしてください。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

シンガーのボイストレーニング方法

シンガー

シンガーにとってリズム感がないというのは致命的。

リズム感をやしなうボイストレーニング方法とは?

リズム感は生まれつきのものでしょうか?
ボイストレーニングでなんとかなるのでしょうか?


音楽にとって大切な要素は

メロディ(旋律)

テンポ(速さ)

コード (和音)

リズム(拍子)


といったものがあります。
その中でも特に日本人は、リズムが苦手のことが多いようです。

これはなぜでしょう?

リズム感に遺伝的な要素も関係しているでしょうか?
日本人が長年聞いてきた音楽のリズムははいさっ!こらさっ!どっこいしょ!

とリズムのウラハクで落ち込んでしまいます。

一方洋楽、ポップスの、今の主流の音楽は裏はくが大事になります。

シンガーを目指す方はこちらのリズムに慣れていかなくてはなりません。

普段の話し言葉にリズムを大して必要といない日本語ですから、後天的な環境をよくして練習するしかありません。

小さなときから聞いてきた音楽のリズムが違えば、確かにリズム感に
も違いがでます。

しかし、シンガー・ボーカリストにとって、リズム感がないというのは、致命的な欠点です。

普段からノリのよい音楽を聴き、体でリズムに慣れるように心がけ
ること、さらにいくつかの基本的なリズムパターンを体に叩き込んで
おくことが必要でしょう。

シンガーはみな、むしろ後天的なボイストレーニングなどを行うことにより理想のシンガーを目指していきましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

ボーカリスト ボイストレーニング方法

ボーカリスト

ボーカリストには耳にたこ!

ボイストレーニングでは何度も声の響きについて語ります。

声はどうして響かすのでしょうか?
ボーカリストには注目の話題のはずです。。

人間の声も、いくらいいボーカリストであっても声帯を振動させただけでは、喉頭原音と呼ばれる、ひびきのないすきま風の音のような、単なる鈍い音にすぎません。

これではプロのボーカリストとしては不十分です。

この喉頭原音を共鳴腔に響かせてはじめて話し声や歌っている声となり、使いこなせ初めてプロの、すばらしい歌声を持ったボーカリストとなるのです。

声をうまくひびかすことはボーカリストとして歌うときのみならず、声を出すときには、なくてはならないものです。

ボーカリストならば普通の人よりこの声の共鳴に対して敏感にならざるを得ません。

正しく声のひびかせ方を充分にマスターしていないボーカリストの伝えたい歌詞なんて伝わりきりません。

声の響きくらい自分の思い通りにコントロールできるようにならなくてはボーカリストとしてはまだまだです。

この共鳴が、声量のコントロールや歌のメリハリを決めていきますから、声を響かせる方法はボーカリストにとって重要なテクニックとなります。

ボイストレーニングでリラックスしましょうとよくいうのは、硬くなると声の響きを邪魔して生かしきれなくなるからです。

それと声が甲高くキンキンとひびいている人は、正しい発声をしているわけではありません。

音楽のプロのボーカリストとして使える声ではありません。

首から上だけで歌っているだけで、言葉は聞き取りにくく、音の硬い声ですから観客を魅了するボーカリストと呼ぶには少し遠いです。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。