ボイストレーニング方法

ジョンリの声

新人アーティストのデビューと聞くと毎回楽しくなります。」このsンガーの声はどんなものだろうってうずうずするんですね。
今年3月にデビューしたシンガーでJYONGRI(ジョンリ)というミュージシャンがいます。3ヶ月で2枚のシングルとファーストアルバム「Close To Fantasy」を発表した18歳の現役早大生シンガーソングライターがJYONGRI(ジョンリ)です。

JYONGRI(ジョンリ)の声はアルバム収録曲の「〜約束〜」という曲が「ジュエリー マキ」の2007年春CMタイアップ曲に起用されたので聞くことも増えていくでしょう。唄い方がこれからどのように変化していくのかも僕の音楽の聴き方の一つです。

JYONGRI(ジョンリ)の3作目のシングル「Lullaby For You」はスクウェア・エニックスのニンテンドーDS専用ゲームソフト「すばらしきこのせかい」のテーマソングとなり、広い世代にJYONGRI(ジョンリ)のボーカルが聞かれることでしょう。なぜこうした新人シンガーを紹介していくかというと、いろんな声を聞いて欲しいからです。
自分のボーカル力を知るには自分の声がうまい人と胴違うか知るのが必要事項ですから、いい悪い関係なく、。好き嫌い関係なくいろんなアーティストの声を聞いて欲しいものです。

JYONGRI(ジョンリ)の曲はほかにもカップリングの「Catch me」がフジテレビの「クロノス」番組テーマ曲になったり「Lovers DRIVE」は8月25日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で、9月1日に神戸ファッションマート(六甲アイランド)で行われる「神戸コレクション2007 AUTUMN/WINTER」テーマソングに決定したのでどのくらいレコード会社が力を入れているかわかると思います。
音楽タグ:JYONGRI ジョンリ

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

アヴリル・ラヴィーン

アヴリル・ラヴィーンはいわずと知れた世界的人気を誇るシンガーですが、ボイストレーニングにも関連のある興味深い試みをしてくれたようなので書いてみたいと思います。
(歌詞に頼りすぎてリズムや声の響きを犠牲にしがちなJPOPにはない歌い方の見本を聞けるチャンスです)
かねてからアヴリル・ラヴィーンに限らず洋楽のシンガーの声、特にその深い響きにはよく耳を澄まして勉強しましょうといったことを言っています。
発声練習をするために使う曲が日本語の歌であると、どうしても見本となるべきボーカリスト自身がそこまで息遣いの深いボーカリストではない個とが多いのです。
英語や洋楽に苦手意識があるかたの場合、どうしても日本の曲でボイストレーニングを進めたいのに、せっかくの洋楽の深い声を吸収するチャンスは減ってしまいます。
そこで外国人の日本の曲を日本語で歌うようなカバー曲があると便利ですよね?
アヴリル・ラヴィーンの出すシングルはまさにボイストレーニングの資料として発声方法や発音、歌の強弱のつけ方を学ぶチャンスを与えてくれるものとなりそうです。
練習全米No.1に輝いた最新作『ベスト・ダム・シング』からの先行シングル「ガールフレンド」の外国語ヴァージョンをアヴリル・ラヴィーンは発表しました。サビの部分をフランス語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、日本語、中国語で歌った7つのヴァージョンが新たに登場して、オリジナルの英語版と合わせると、計8種類の「ガールフレンド」を楽しむことができるらしいです。
この曲の日本語をどうやってアヴリル・ラヴィーンが歌っているのかを聞いてみていただきたいですね。
日本語は浅い声でも発声できるため、歌にするのはなかなか大変です。
英語圏のシンガーの歌う日本語は息の深さはそのままにわたしたちの母国語で言葉の響きの見本をあらわしてくれそうです。
ボイストレーニングに活かさない手はありません。
言葉として歌詞を伝えるために、声の響きと音色、そしてリズムがしっかりしていれば、その言葉の意味がわからないシンガーでもこれだけ歌詞をつたえられるということを知っておきましょう。
アヴリル・ラヴィーンの新曲はボイストレーニングで重要視する声の響きのことや、リズムの取り方のヒントになると思います。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

t.A.T.u. 声を合わせるボイストレーニング方法

t.A.T.u.

ミュージシャン、t.A.T.u.(ТАТУ、タトゥ、タトゥー)みたいにドタキャンが有名なのはスキャンダルとしてはいいですけれど、ボイストレーニング教室をドタキャンするのはやめましょう。
あなたの声を真剣によいものにしようとするボイストレーナーの存在がいることを、最適な発声練習はどれか?
歌がどうやったらうまくなるか?
多くの時間を使って考えてくれている人たちの貴重な時間を無駄にしてしまっては失礼です。
ボイストレーニングは計画的にね。

t.A.T.u.の結成は1999年。
ロシアの音楽プロジェクトグループの名前としてt.A.T.u.の表記はあります。

t.A.T.u.のボーカルのはエレーナ・セルゲーエヴナ・カーチナとユーリヤ・オレーゴヴナ・ヴォルコヴァの二人。

この2人がミュージシャングループ「t.A.T.u.」であると思いがちですが、本当はt.A.T.u.の音楽にかかわるプロデューサー・作曲者・作詞者・各マネージャーを含むプロジェクト全体の名称がt.A.T.u.という。

ロシアミュージックシーンでt.A.T.u.のボーカルの二人だけを指すときはтатушки(タトゥーシュキ)と呼ぶのが正しい呼び方。
片方だけを呼ぶときは単数形でтатушка(タトゥーシュカ)と呼ぶ。

ТАТУというグループ名は、ロシア語の「Та любит ту」(ター・リュービト・トゥー、"This (girl) loves that (girl)"の意)の略だとされている。

と解説を聞いてもそれはどうでもよかったりするかもしれません。
二人の声が音楽的に混ざっているのかなどを聞いてみると面白いでしょう。

ボーカルの力なのか、機械の進歩なのか、耳が肥えてくるとわかります。
ボイストレーニングでは耳も養っていきます。


t.A.T.u.のメンバー

ボーカル
エレーナ・セルゲーエヴナ・カーチナ(レーナ、リェーナ、レナ)
Елена Сергеевна Катина (Lena Katina)
1984年10月4日モスクワ生まれ

ユーリヤ・オレーゴヴナ・ヴォルコヴァ(ユーリャ、ジュリア)
Юлия Олеговна Волкова (Julia Volkova)
1985年2月20日モスクワ生まれ

声を合わせるという行為はなかなか楽しいものです。
ゴスペルのイメージですね。
ボイストレーニングで言い換えるならば、息を合わせるという表現をしてもいいです。

t.A.T.u.のようなボーカルが2人いる場合、リスナーとしてはボイストレーニングに生かすならば、声の方向の使い分け方なんかも聞いて確かめてください。

できればライブが一番なのですが、曲の行きたい方向によって超えもまた前に出す、後ろに出す、というサ行がされているはずなのです。

つぶやくような悲しい声を前に前に出しても表現としては違うはずです。
ここら辺はいいも悪いもt.A.T.u.を聞いて研究してください。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

soul'd out 呂律のボイストレーニング

soul'd out bluesを聞いてみてボイストレーニングに生かすとなるとひとつ。

どんだけろれつまわるんだ!

という点で、歌のときの呂律の回り具合は尋常でない。
言葉をメロディにのせる歌にはカツゼツのよさも問われるでしょう。
 
目指しているプロのミュージシャンの歌い方をまねるのも大事です。

SOUL'd OUT (ソウルド・アウト)通称S.O(エス・オー)は、日本で活動するヒップホップ/R&Bグループで、ボイストレーニングする方の中にはヒップホップ/R&Bをやりたい人もいるでしょうからそのヒューマンヒートボックスサウンドも聞き込んでください。
 
ミュージシャンSOUL'd OUTのデビュー前 
 
SOUL'd OUTは1999年に結成。 

2人のMCとTrackmasterの3ピースがSOUL'd OUTの音楽形態のスタイル。

Diggy-MO'の圧巻な声の技術、高速弾丸ラップ
Bro.Hiの日本のラッパー界でも唯一無二の本格的かつ驚異的ヒューマンビートボックスが売り。
(ヒューマンビートボックスとはボイスパーカッションが派生してできたもの、歌唱方法)

SOUL'd OUTの音楽家と同だが、07年には漫画家・荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」を基にしたアニメーション映画作品「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」
(2007年2月17日公開)
のテーマソングに、2007年春発売予定のニューシングル収録予定曲「VOODOO KINGDOM」が起用されるなどミュージシャン、アーティストとしての注目が集まっている。 
 
ミュージシャンSOUL'd OUTのメンバー

Diggy-MO'(ディギー・モー) - Main MC 
メインMCを担当する。 
S.Oの殆どの楽曲をBro.Hiとともに楽曲を作詞。
Shinnosukeとともに楽曲を作曲している。

歌を歌っている時は常人では考えられないほどよく呂律が回るその音楽的背景にはクラシックがあり、音楽の基礎を習得している。ボイストレーニングでその言葉の発音を見習いたいところ。
ラジオなどで、かなり天然な発言が多くあり、ファン獲得の魅力のひとつかもしれない。

SOUL'd OUTのメンバー

Bro.Hi(ブラザー・ハイ) - Human Beat Box/MC
ヒューマンビートボックスとMCを担当。 
S.Oの殆どの楽曲はDiggy-MO'とともにほとんど作詞。
ザ・ルーツのライブで初めてヒューマンビートボックスを目にし、強い影響を受けたといわれている。
やはり常人とは比べ物にならないほど呂律が回り、それはSOUL'd OUTのもう一人、Diggy-MO'以上の速さを誇ることもある。
これくらい声を操れることはボーカリストとしては有利。
ボイストレーニング・発声練習をして追いつきたい。
特に、2ndアルバムの『To All Tha Dreamers』収録曲の『告白 feat.TSUYOSHI』では最速。

SOUL'd OUTのメンバー

Shinnosuke(シンノスケ) Trackmaster 
そしてSOUL'd OUTにはトラックマスターがいる。
SOUL'd OUTのサウンドの土台ともいえる人物。
S.Oの殆どの楽曲をDiggy-MO'とともに作曲・編曲しているのがShinnosuke。 
使用しているシンセサイザーはヤマハのMOTIFだそうで、MOTIFシリーズにはShinnosuke監修のサウンドデータがプリセットされている。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

チェッカーズ 歌詞,ボイトレ

チェッカーズをいまさら?
といわずに読んでみてください。ボイストレーニングするのにボーカルスクールに行くのもいいですけれど、しっかりと理想のボーカルを知らないとたどり着けない境地があります。

ボイストレーニング方法は深いですから。
さて、チェッカーズ 歌詞チェッカーズ 歌詞にはいいものが多いです。

君の事を守りたいー

そのすべてを守りたいー

君を生きる証にしよう

誰のためでもなく


これ、チェッカーズ の「夜明けのブレス」の歌詞です。 ボーカルレッスンでどう歌いますか?
藤井フミヤならどう歌っているか分析できますか?

この歌詞のどの音を強くうたって、どの音を伸ばして、参考になるのは、やはり本物の曲を聴くことです。

ボーカル研究は一度やってみたほうがよいでしょう。

ボイストレーニングに生きてきます。
チェッカーズでなくてももちろんいいです。
好きな曲でやってください。

プロのミュージシャン・ボーカリストの歌は勉強になることもまた多いです。

チェッカーズ 歌詞をみつつボイストレーニング!!

チェッカーズ(THE CHECKERS)は、音楽で活躍するミュージシャンもたくさんいる福岡県久留米市から生まれた7人組のロックバンド。

チェッカーズメンバー
藤井郁弥(ふじい ふみや、1962年7月11日生まれ)のボーカル・ルックスがチェッカーズ人気を支える。
チェッカーズ結成前は、カルコークというバンドでボーカルをしていた藤井フミヤの声はクセがなく誰でも聞きやすい。
ボイストレーニングにも使いやすいバラード系の楽曲の歌い方はよく聴いておきましょう。
現在も多彩な才能を生かして音楽以外のアーティスト活動もこなしている。

チェッカーズメンバー
武内享(たけうち とおる、1962年7月21日生まれ)ギター、リーダー
福岡県立八女工業高等学校卒業。
高校を卒業後、メジャーデビューするまでの間、楽器店でヤマハのピアノのセールスマンをしていた。
よくメンバーが集まって練習していたのが武内の実家のスナック。
防音室やボイストレーニングをする場所、声を出す場所の確保に苦心するものにはうらやましい。
大のビートルズマニアとしても知られている。

チェッカーズメンバー
高杢禎彦(たかもく よしひこ、1962年9月9日生まれ)
ボーカル。もくさん。柳川高等学校卒業。A型。
低音のボーカルを得意とする。ちなみにボイストレーニング。低音のボーカルを出すときの声の位置は高いところにおくべきです。

チェッカーズメンバー
大土井裕二(おおどい ゆうじ、1962年11月2日生まれ)
ベース
福岡県立三井高等学校を卒業。第一経済大学中退。
大物ロックミュージシャン矢沢永吉に憧れてベースを始めたらしい。チェッカーズ結成前もバンド活動をしていて、シークレッツというバンドでベースを弾いていた。非常に高い声がボイストレーニングなしに出るらしく、ビートルズのLong Tall Sallyを原曲キーで歌えるというからうらやましい声だが、メインボーカルはやっていないことを希望にして、歌に必要なのは高い声だけじゃないんだなあと認識しましょう。。

チェッカーズメンバー
鶴久政治(つるく まさはる、1964年3月31日生まれ)
ボーカル
久留米市立南筑高等学校卒業、第一経済大学中退。
チェッカーズ結成前、50'sというバンドでボーカルをしていた。
三人のボーカルがいるバンドはいまや珍しい。

チェッカーズメンバー
徳永善也(とくなが よしや、1964年6月7日-2004年8月17日)
ドラム
現・筑紫台高等学校を卒業。愛称はクロベエ。
チェッカーズ加入前からドラムの技術の才能が知れ渡っており、久留米で唯一ドラムソロが叩けるドラマーと言われていた。

チェッカーズメンバー
藤井尚之(ふじい なおゆき、1964年12月27日生まれ)
サックス、ギター、フルート
メンバーの藤井郁弥と尚之は実の兄弟。
九州産業大学附属九州産業高等学校卒業。

この他、サポートメンバーとしてキーボードの八木橋カンペー、パーカッションのアンディ檜山がいた。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

sophia 松岡充

sophia 松岡充
sophia 松岡充をボイストレーニングの素材にそえてみましょう。

松岡充は声優や俳優業もこなすボーカリスト。

音楽をするのなら憧れは大事です。
目指しているプロのミュージシャンの姿を見てボイストレーニングを継続する歌い方をまねるのも大事です。

松岡充所属のsophia(ソフィア)は、日本のロックバンドで、1995年にメジャーデビューし、人気を得ています。

sophiaの結成は1994年。
大阪にて松岡、豊田、都の3人で音楽活動を始めました。

sophia 松岡充は人気あるねえ。

このミュージシャンはボイストレーニングをしているの?

それは重要ではありません。

あなたにボイストレーニングは必要ならばやりましょう。
あんな風になりたいなあと思えればそれでいいのです。

sophiaには黒柳、赤松が加入し東京進出を果たしてからすぐにインディーズ盤『sophia』という楽曲のリリース時、5000枚限定での発売ながらも即完売というエピソードがあります。
当時から人気があったようです。。

sophiaのデビューはは1995年、10月。
ミニアルバム『BOYS』11月には『GIRLS』とそれぞれトイズファクトリーよりリリースしてメジャーデビュー。

sophiaが初のオリコン初登場10位を達成したのは1996年の3rdアルバム『Kiss the Future』
sophiaの音楽活動の足場は固まり、その後の爆発の予感をさせるヒットとなる。。

1997年にはsophiaの『little cloud』がぐるぐるナインティナインのタイアップとして起用されヒット。
初の10万枚超え。
このような順調なミュージシャンの音楽活動に憧れるみなさんは地道に声の修行。
ボイストレーニングを楽しく行って行きましょう。

そしてsophiaは1997年夏『TOUR CIRCUS』で日本武道館ライブを敢行そして成功させる。

sophiaのミュージッククリップ集もこの年オリコン初登場1位を獲得してのりに乗る。

その後も楽曲をチャートの上位に食い込ませ続ける人気バンドsophiaに注目していこう。

sophiaのメンバー

松岡充(まつおか みつる)
1971年8月12日生まれ
ボーカル 兵庫県高砂市出身
黒澤優ちゃんと結婚。子供あり。

豊田和貴(とよた かずたか)
1971年9月1日生まれ
ギター 大阪府吹田市出身。
通称および旧芸名・ジル。

黒柳能生(くろやなぎ よしお)
1972年3月18日誕生 )
ベース 愛知県知立市出身

赤松芳朋(あかまつ よしとも)
1974年5月27日生まれ)
ドラム 兵庫県加古郡播磨町出身。

都啓一(みやこ けいいち)
1971年10月6日)
キーボード 兵庫県伊丹市出身。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

SOFT BALLETでボイストレーニング

SOFT BALLETはボイストレーニングの見本としてはなかなかいい素材です。

目指しているプロのミュージシャンの歌い方をまねするのは注意が必要だと説いていますが、このミュージシャンSOFT BALLET(ソフトバレエ)のボーカリスト遠藤遼一はボイストレーニング方法のヒントになる歌唱法をたくさん聞かせてくれます。

SOFT BALLETのボーカリスト遠藤遼一がなぜぼいすとれーにんぐの役に立つかというと、まるでオペラ歌手のような独特な歌唱法を特徴としているから。

低い声が魅力で優れた声質を買われた遠藤遼一はSOFT BALLETのバンド解散後もCM等でナレーション活動をするなど、声を仕事にしているのです。

現在はendsとして活動中の遠藤遼一のその低音だけマネしてもだめですよ!
高い声の人が低い声を、喉を絞めて歌真似するのは無茶です。

ボイストレーニングは比較的高い声は出せるようになりますが、低い方に音域を広くするのはかなり難しいのです。

ボイストレーニングで参考にするのなら、遠藤遼一のフレーズのきり方、言葉の載せ方など、元の声質とは関係のない要素を聞くべきでしょう。

ほかのSOFT BALLETのメンバー

藤井麻輝(ふじい まき、生年月日1965年8月17日、キーボード、ギター)

SOFT BALLET(ソフトバレエ)は、ボーカル遠藤遼一率いる、藤井麻輝、森岡賢による日本のバンドで音楽性はFUTURE POP、INDUSTRIAL ROCK、HARD HOUSE、ACID HOUSE、といった多彩なジャンル。

SOFT BALLETは1986年に結成。

インディーズレーベルである太陽レコードよりシングルを発表、BODY TO BODYという曲。

SOFT BALLETのメジャー・デビューは1989年。
アルファレコードよりメジャーの音楽活動を開始しました。

1995年7月23日の渋谷公会堂のライブでSOFT BALLETとしての活動は停止。

2002年の「サマーソニック 2002」でSOFT BALLETは活動再開します。
その後アルバム2枚を発売しますが、またもやライブで終わりを迎える。
そのツアーは2003年の「大団宴」

残されたSOFT BALLETの楽曲を聴いてボイストレーニングに生かして見ましょうね。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。