ボイストレーニング方法

ボイストレーニング新宿の教室一覧

新宿ボイストレーニング方法を学べる教室一覧

ワイ・ミュージック
東京都新宿区 高田馬場

ワイ・ミュージックでのボイストレーニングはまず良い発声のための体づくりから始まります。いい声を出すための発声の基本『腹式呼吸』の基礎から始められるボイストレーニング教室です。


Shiny Music
東京都新宿区 高田馬場

呼吸・共鳴・発声というボイストレーニング方法の基礎になる最も重要なボイストレーニング方法を知りたい人に丁寧な指導をしてくれるボイストレーニング教室。
弾き語りコースもあるようです。


ビクターエイドヴォーカルスクール
東京都新宿区 高田馬場

趣味で歌を歌いたい方からプロのボーカリストを目指しているミュージシャンまで幅広くボイストレーニング方法を学べる教室。


ミュージックスクールウッド
東京都新宿新宿、神保町

プロミュージシャン・プロシンガーを育てるカリキュラムを誇るボイストレーニング方法を指導するボイストレーニング教室。
絶対音感を身に着けましょう。


シアーミュージックアーツ
東京都新宿新宿

シアーミュージックアーツはボーカルの基礎からボイストレーニング方法を教えてくれるスクール。趣味でやりたい人からプロシンガーを目指したい方まで対応している上、ピアノコースや作詞作曲CD制作までできる音楽教室です。


水野由紀ヴォーカルスクール
東京都新宿区 曙橋


カワイミュージックスクール
東京都新宿区 表参道


ジャパン O・N・O(オー・エヌ・オー) ミュージックアカデミー
東京都新宿区 大久保


R.E.C (リアルエンターテイメント チェイスフィルムアカデミー)
東京都新宿新宿御苑前


ESP MUSICAL ACADEMY
東京都新宿区 高田馬場


ボイストレーニング・スタジオ センス&ボイス
東京都新宿

ボーカルスクールでも有名


アートエンタープライズ
東京都新宿区歌舞伎町

ボイストレーニングに通いやすそうなスクールはありましたか?


安藤音楽すたじお
東京都新宿区下落合


歌の広場
東京都新宿区高田馬場

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

カラオケ 新宿 ボイストレーニング方法

カラオケ 新宿 ボイストレーニング方法

ボイストレーニング方法カラオケ対策の解説ですが、今回は、カラオケで歌に思うように、メリハリがうまくつけられるようになるために必要な方法です。

カラオケの歌でメリハリをつけてうまく歌えるためのボイストレーニング方法とは?

まず、カラオケで選挙区をする前に曲の構成を考えておくことです。

カラオケでも何でも、歌をうたう場合、曲のメリハリをきかすときと声や言葉のメリハリをきかすときとの2種類があります。

カラオケで声のメリハリをつけたいときは、その曲のどこで声を大きくはり上げるかということも大切ですが、あえてAメロなど、そこまで音量がいらないフレーズでは小さな声の使い方がより重要になってきます。

いくら大きい声で、歌がうまい人でも、初めから終わりまでずっと大きな声でカラオケを歌っていては、単調で一本調子になり飽きられてしまいます。

カラオケだったら歌を消されてしまうか、みんなが曲を探し出すか、ドリンクをオーダーしだすかのどれかでしょう。
それはそうです。みんないくらカラオケをうまく歌ったところでオリジナルの曲を歌う本物のボーカリスト、ミュージシャンには勝てないことが多いですから。

自称プロ級の歌唱力を持つ、カラオケが好きなえせボーカリストさん、歌が一本調子にはなっていないですか?

「ボイストレーニング同様に録音した声を確認したけど問題ない」

といえない人は注意が必要です。

プロのボーカリストの歌唱が誰が聞いてもうまいと思われるのは、歌の聴かせ所をふまえて、歌の強弱を自在に調整しているからです。
もちろんそれを達成するのにボイストレーニングをしていることは言うまでもないでしょう。

たとえカラオケであっても一つ一つの言葉を大事に語りかけるようにすると、どんなに小さな声の部分でも聴き手にメッセージを伝えられます。

しかしこの小さな声を聞けば、腹式呼吸、発音、発声、のボイストレーニング方法の基本が身についているかどうかが、はっきりとでてきて、みについているかどうかは誰でもわかってしまいます。
プロボーカリストが言葉を超えてその声だけで日とを納得、説得、感動させてしまうのと反対に。

カラオケでも自由自在に声をコントロールできてこそ一緒に行った友達を感動させるのです。
ましてやプロのボーカリストを希望するならなおさらでしょう。

言葉の意味や、メッセージを伝えるボーカルテクニックは最低限こうしたボイストレーニングで得た歌の基本があって初めて生きてくるわけです。

カラオケであっても大きく歌って盛り上げるところと小さく語るように聞かせるところと、どちらのテクニックが欠けても、メリハリのある、聴き手の心に伝わる歌は、歌えません。

新宿のような大都会もあれば、西東京のような閑静なところもあっての東京です。

新宿のような大きなにぎやかな町だけが東京のすべてではないように、歌は声を大きく出すだけではなく、メリハリが必要であることを踏まえてボイストレーニング方法を探し出してください。

そのための基本的なボイストレーニング方法としては、歌詞を詩の朗読の要領で気持ちを込めて読んでみるのがよいでしょう。

小さな声で読んだり、大きな声で読んだり、それを組みあわてたりして、表現というものをしっかりとつかみましょう。

他の人にきいてもらうか、テープに録音して、気持ちが伝えられているかを確かめましょう。

これをメロディに乗せながら行うのが歌です。

こう書くと難しく思えますが、しっかりとしたボイストレーニング方法で声を磨いていけば必ずできるようになります。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

マイクの使い方 新宿編

マイク ボーカル

声が固く、ツヤがないというボーカリストがいます。

マイクに入りにくくなったりしてプロのstrong>ボーカルになるにはその差は歴然です。

マイクに乗りにくかったり、声が固い、ツヤがないのはうまれつきなのでしょうか?

どのようなボイストレーニング方法を行ったら治るでしょうか。

「声が硬い、つやがない、マイクにのりにくい! 都会か!! 新宿か!!!」

これは比較的大きな声を出して歌っているボーカルの人に多くみられる悩みでもあります。

マイクのポジションはどのあたりですか?
新宿あたりですか?

大きな声で歌うボーカル人は、口からマイクを離しすぎることが多いのです。

プロのボーカリストでしたら、マイクの音量や音響も専門の人が調節してくれるでしょうが、カラオケなどでは声量のない人に合わせてボリュームが上げられています。

まるで大都会新宿のさめた人たちのようです。
(なんのこっちゃ!!)

そこで声量のある人が歌おうとするとマイクが限界を超えて、音割れを起こしてしまうので、マイクを遠ざけてしまうことが多くないですか?

こういうときはマイクを離すのではなくヴォリュームの方を調節してください。

マイクのポジションは近すぎても遠すても正確な音を拾えません。

声の質を確認するには正しいマイクの位置でないとできません。


マイクの位置はいいですか?

それではボーカルの発声上の問題もいいましょう。



マイクがいらないくらいもともと声が大きいボーカル人の場合は声帯に力が入っていたり、のどが詰まったりしているのが主な原因だと考えられます。

ボーカルだからと声を出す練習するのもいいですが、リラックスも覚えましょう。

もとからマイクがいらないくらい声が大きく出せるのですから、声という音の強弱も意識してください。

どのくらい小さい声を出せますか?



歌うときになると不自然なまでに大きな声に切り替わってしまって、のどをしめつけてしまう、「歌の時には声が変わるタイプ」

ボーカルだ!
歌だ!

構えることはないのです。
自分の声をよく聴いて見ましょう。
好きなボーカルの真似をしすぎてはいませんか?



小さな声しか出ない人が歌っているときには、どうしてもひびかないで、マイクを通すと固く聞こえます。


これらすべての声の固さは、その人の声の特徴というよりは、声がうまく使えていないことが原因としてはほとんどです。

歌がうまいプロのボーカルの声をきいてみてください。

マイクを使っても、マイクがないときでも、その声は魅力的ではないですか?

ボイストレーニングに行って声の出し方を学んで、マイクにのったときの声の硬さなんか克服しちゃってください。

ちなみにマイクにはいろんな種類があり、コンデンサーマイク
ダイナミックマイクという二つのマイクが主流のマイクで、ライブで使用するのはダイナミックマイクがおおいです。

そのうちマイク特集もします。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

ボイストレーニング方法 新宿

ボイストレーニングについてですが、新宿編の新宿の方向きのボイストレーニング方法を公開します。
新宿用のボイストレーニングですが、本質はどの地域の方でも利用できるものとなっています。
アレンジを加えて新宿以外の方もぜひ活用ください。

ちなみに、新宿の都庁や二丁目のかたがたは、このボイストレーニング方法をきっとやってません!!

ボイストレーニング 新宿

ボイストレーニングでは、歌っていてもいつもブレスが続かないという質問を受けます。ブレスが続かない方はいったいどうすればいいでしょうか?

実はブレスが続かないのには肺活量はそれほど関係ありません。
歌うときに重要なのはむしろ息の吸う量や吐く量ではなくて、正しい腹式呼吸を身につけて息を上手に、いかに効率よく声として使うかです。
ボイストレーニングでこれを解決していきます。

難しいボイストレーニングではなく、深く息を吐き、自然と吸うことを心がけて生活するだけで大分、効果があります。毎日の生活のなかで、常にボイストレーニングを意識していることがよいこうかを生み出します。
しかし、本格的にボイストレーニングをされたいのでしたら、こういうボイストレーニング方法はいかがでしょうか?

二丁目編
男性の方ならやってみてください。
道を歩いていると多数の客引きがあなたを誘惑・勧誘してきます。
一回目の勧誘にあったらスタートです。
次の声賭けにあうまで息を吐き続けます。
もしもつづかなかったらお見せに入る覚悟で望みます。

なれてきたらボイストレーニング方法にこのようなアレンジを加えます。

(1)はじめは弱く、だんだん強く出す。
(2)はじめは弱く、だんだん強く、そして再び弱く。
(3)はじめは強く、だんだん弱く、再びだんだん強く。
(4)はじめから織り輪まで同じ強さで。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。