ボイストレーニング方法

ビブラートのスピード

ビブラートの練習方法に慣れてきて、ビブラート出し方を覚え、声にある程度ビブラートを自由にかけられるようになったら、あなたのボーカリストになるために行っているボイストレーニングは確実に実を結んでいるといえますね。
(音楽に使用する楽器にも数々のビブラートをかけられる楽器が存在しますが、声の場合、ビブラートのスピードや深さを自在に操れるのは非常に刺激的です)
ビブラートをかけずにノンビブラートで歌ったり、あるいは逆に過剰なまでにビブラートをかけて楽しんでみたりするのには歌を歌うときには、喉だけでコントロールしている状態ではうまくできないからです。
ビブラートを使うというボイストレーニング方法はビブラートの練習そのものよりも正しい発声方法ができるようになるように基礎的な発声練習・ボイストレーニング方法を続けると理解が早まります。
ビブラートは自らかけるかけないをコントロールできるものですが、操るための体や喉の使い方を知っていないとビブラートはうまくかけられません。
(自然にあなたの声にかかるビブラートというものもあります。こちらのビブラートは声に自然にっかるものですから聞き手にとってもよりナチュウラルなビブラートといえます)
ビブラートの種類にもいろいろあるのです。
たとえばビブラートのスピードもシンガーによってそれぞれ違います。ある歌手の歌を聴いてみると、ビプラートのスピードが少しだけ速すぎる時があります。
ビプラートのスピードが速すぎると、歌い手が神経質に興奮しすぎているように聞こえてしまいます。
それは曲によって使い分けることができるならば、激しさ、力強さを感じさせたい曲にはあえて使うことで、よりスリリングな印象を与えることができます。
音楽ジャンルでいえば、ロックやよりハードな音楽にははまることでしょう。
しかしビブラートのスピード早い歌い方は暖かみのある美しい音を声に加えることは難しいはずです。
反対にビプラートのスピードが遅すぎる場合は、あまり聞き手にいい印象を与えないかもしれません。
以前話したビブラートの周期を抑えながら状況によってビブラートのスピードを変えていくほどの自分の声を支配するテクニックを身に着けるには大変ですが、音楽は逃げませんからじっくり取り組んでみましょうね。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

ビブラートテクニック

ビブラートの出し方とビブラートをうまくかける方法

ビブラートを歌で使う発声方法のやり方の方法の質問には多くの関心があるようです。
ビブラートを歌にうまくかけると歌自体もうまく聞こえますから、そしてなんだか人が聴くとすごくうまい歌手のように思わせられますから人気があるのでしょうね。

カラオケでもビブラートがかかった歌を歌えればごまかしやすいのですね。
ビブラートのやり方の方法を知りたいですか?

ビブラートの練習方法はいくつかあります。
ビブラートのほかの章で安易にビブラートの練習をするのは危険だ!
と、といていますが、腹式呼吸や息の使い方、正しいボイストレーニング方法、姿勢の重要性、深い声とは?
こういった本来の声の発声において優先するべき事柄はわかっているけど、ボイストレーニングを楽しく進めていただくのがこのサイトの趣旨ですから、具体的なビブラートのやり方・方法も述べなくてはいけない気がしてきました。

ここで言うビブラートの出し方はテクニックに頼った方法ですから、まじめに発声練習も忘れないでくださいね。

プロのボーカリストを目指すのならなおさらです。
ボイストレーニングの基本を練習することなしに本当の声は手に入らないことも理解したうえでビブラートの練習を行ってください。

歌を歌うときビブラートをかけるには2つの方法があります。

1つ目は声に出した音に強弱をつけるビブラートのやり方。

2つ目は声に出した音に高低をつけるビブラートやり方。

1つ目の声に強弱をつけるビブラート方法は、まず声を長く伸ばします。
この状態でインディアンのように口に手をつけたり話したりします。
「アァアァアァ」と、口に手を当てているときには音は小さく、話すと大きく出るのがわかるでしょう。
この音の変化を手を使わなくてもできるようにします。

声の強弱を喉ではなくて体で、特におなかや横隔膜でするのがポイントです。
このポイントが理解しづらいので歌は大変なのですね。
ボイストレーニングで歌を磨いて美しい発声を実につけていけばだんだんわかっていきます。

次に音の高低をつけるビブラートの練習方法ですが、声をまず出して、上下に声を高く、声を低く交互に出して見ます。
最初はこの高低の山は緩やかでもかまいませんが、だんだん上下の振動の幅を短くしていきます。
感覚を狭くしていくとビブラートらしくなっていきます。
声に限らずビブラートは楽器でも使いますから、聞いたことはあると思います。
美しいビブラートは、バイオリンのビブラートもサックスのビブラートもその振動の周期は同じです。
あなたが気持ちいいと感じる揺れを感じるまで練習を続けてください。
継続こそボイストレーニングの極意です。
ビブラートのやり方も同じことです。

どちらのビブラートのやりかたを覚えるための練習方法も手や体を歌って行うとイメージがつかみやすいはずです。
洋楽のシンガーでさえ、ビブラートを深くかける時には自然に手を震わせたりするものです。

音楽は目に見えないものですが、それを再現する声を楽器とするボーカリストには、音を再現するためのそれぞれのイメージが大事になります。
発声練習の間はどんなポーズをとってもいいわけですから、こうしたビブラートのトレーニングの際も、できうる限り、自分がどのような体の(喉・声帯・横隔膜・おなかなど)使い方をすれば思うような声が出て行くのか覚えこませる必要があります。
これは他のボイストレーニング方法も同じことです。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

ビブラートのやり方

ビブラートのかけ方を知っていますか?
ビブラートはやり方さえわかってしまえば簡単です。
歌にビブラートをかけるやり方の発声練習方法はイコール歌がうまくなるためのボイストレーニング方法となります。
歌のビブラート練習は、ビブラートの方法だけを練習するわけではなく、発声方法の練習を積むボイストレーニング方法によって出せるようになるプロレベルのボーカル力、歌で声を自在に操る歌唱力があって可能となります。

ビブラートのやり方をつかんでしまえば、歌はメキメキ観客を魅了し、ボーカリストとしての自身も得ることができます。

まるで風のようなフルートの音色にかけるビブラートも、振動幅の多いバイオリンのビブラートも、声でかける歌のビブラートには勝てません。
ボーカリストがかけるビブラートはなにより「声」という人間しか出せない「音」なのですから。

ということは、カラオケでもビブラートがかかっている歌のほうがうまく聞こえるのでしょうか?
ビブラートをつけたの方が本当によいのでしょうか。

ボイストレーニングの基本はビブラートを使えるようになることではありません。あくまで歌の上達なのです。
歌はビブラートをつけたが唯一の「うまい歌」ではありません。
ビブラートボイストレーニングで身に着けたあなたが持っていた本来の声を使いこなせるようになった歌唱技術の産物で、使いこなせるようになる装飾のテクニックと思っていてもよさそうです。

なげそんなことをいうかというと、響きのいい美しいと思える音が「声」として出ていなければいくら上手にビブラートがかかっていてもそれはうまい歌とはいえないからです。

悪い発声方法しかできていないうちにビブラートを使用してうまくは聞こえません。スナックで気持ちよく演歌を歌うにはいいかもしれませんが、プロのシンガーのビブラートには聞こえません。
本当にうまいボーカリストの歌はビブラートがどうの、などと気にしなくてもその声だけで魅了されます。
ボイストレーニングに必要なのはビブラートのやり方よりも声の出し方、息の使い方です。
間違えて細かい技術だけにとらわれないようにしましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

ビブラートの周期

カラオケ ビブラート方法の専門的な解説を噛み砕いて歌の上達を早めるためのボイストレーニング方法の知識、ビブラートについての知識を深めていただきます。

歌の声のビブラート方法にはその他の楽器(あえてボイストレーニング風に超えも楽器として捕らえてこういいます)
フルートやバイオリン、トランペット、ギター、チェロなどにもあるように、声のビブラートのかけ方、ビブラート練習方法があります。
ビブラートのかけ方というのは、ともすると間違えた方法をそれがビブラートなんだと解釈してしまう方向もありえるので、カラオケでビブラートをかけて歌いたいなどと考えている方には覚えておいて欲しいのです。

カラオケビブラートを聞かせてばっちりうまく歌うには?

まずビブラートのコツという言葉からするときっと難しく聞こえるかもしれませんが、ベルカント唱法について簡単に解説します。
イタリアでいうところの「美しい歌」という意味のベルカントという歌唱方法を知ることによって理想的なビブラートボイストレーニング方法を発見してください。

ベルカントはイタリアで17世紀から18世紀にかけてが黄金期と呼ばれています。
多くの歌手が今で言う一流のvocal歌手として成功しています。

そのころの歌唱法を現代の解釈で研究する方が多くいます。
それぞれ別の解釈をする場合が多いベルカントですが、われわれの目標はカラオケでビブラートを聞かせた歌を歌うためのボイストレーニング方法のコツをつかむことですから、ビブラートの発声についてうまく整理してわかりやすくやり方をまとめて行きたいですね。

ビブラートボイストレーニング方法にはいる前に、いい声とはなんでしょうかね?
声は音ですから、ギターで言うならばボディにあたる部分(空洞)に音が響いていることがいい声だと定義します。
声にも響かせる空間が必要なわけです。
声を響かせる空間は喉の上、鼻の奥です。

ここに響かせてあげる声はよく響きます。

しかし、声を操るための筋肉は自分の意思で動すことができません。この筋肉を不随意筋といい、歌がうまくなるためには筋肉以外の部分で声を操らなくてはなりません。

そこでおすすめなのが裏声練習方法です。
裏声(ファルセット)の中でも息もれの多い裏声(ピュア・ファルセット)で発声をすると、声が響きやすい状態になります。

ベルカントによるボイストレーニングでは、安定して裏声(ファルセット)のコツをつかむ練習が進められます。

さて、ビブラートのやり方です。
肺から送られた息が声帯に当たると声帯が振動します。
これが声です。この時、声帯は息によって圧力がかかるため、声帯が、毎秒約6回半の周期で揺れ、音程が上下します。

このことをビブラートと呼びます。
ビブラートの特徴で面白いのは、
ビブラートは強い声、弱い声で振動の幅が違うこと。
ビブラートは高い声、低い声で振幅が変化すること。
この2つの点です。

高い声を出した時にはビブラートの振動は大きくなります。
低い声で発声するとビブラートの振幅は小さくなります。

大きな声だとビブラートの振幅は大きく、
小さな声ですと小さな振動のビブラートです。ほとんど揺れないということです。

美しく聞こえるビブラートの周期は毎秒6回半と書きました。
このビブラート周期は音の高さやボリュームの大小が変わっても不変です。
こぶしのように音の上下動があってもこのビブラートの周期が一定であるので、聞く方には音痴には聞こえません。下手には聞こえません。

ビブラートは周期は変化せずに振幅が変化するわけです。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

ビブラートとビブラートのやり方

ビブラートを歌で歌い切ってカラオケで目立つためのビブラート練習解説とボイストレーニング方法を語っていきます。

ビブラートってなんでしょう?

皆様はボイストレーニングで歌のビブラート練習をしたことがありますか?
そしてそのときどのように歌にビブラートをかける練習を行いましたか?
音楽の楽器演奏では、バイオリンのビブラートのやり方は腕の(もしくは手首・指)先を固定する方法でビブラートさせますし、サックスのビブラート・フルートのビブラート等、管楽器のビブラートは喉や腹筋で音を震わせるやり方です。
ギターのビブラート奏法などは弦を抑える左手の指で調節します。
楽器のビブラートにも、声のビブラートを使う歌においても「音を揺らす、振るわせる」という結果事態は同じです。

たくさんありますが、歌で声にビブラートをかけるやり方は声の音量を変えるビブラート方法と、声の音程を変えるビブラートの二種類があります。

さらに歌を歌うときに声の音程(ピッチ)を変えるビブラート方法は、その歌の基準の音より高い声との間で細かく震わせる歌い方と、低い音との間で震わせる方法の2種類があります。

歌の声の音量を操りビブラートをかける発声練習方法は練習のときに歌ではなく一音を長く伸ばしてみましょう。
ビブラートというより音を大きくしたり、小さくしたりする練習です。
この上下を少しずつ感覚を狭くしていくことで歌のビブラートになって行きますので出し方を勉強していってください。

もうひとつ歌で声の音程(ピッチ)を変えるビブラートのコツですが、このボイストレーニングのやり方には注意が必要です。

ビブラート(ヴイプラート)とは、音程を波状に揺らすことです。
歌で声をキープしていると、音程は自然に上下、高低に動くものです。上手に発声ができていて、うまくビプラートができている歌には、勝手に大体、声の波は1秒間に6回上下します。

正しいビブラート(ヴイプラート)は毎秒6回揺れているのです。

これはとても重要な、覚えてといいビブラートのコツです。
ビプラート練習法のコツがすべて詰まっています。

ビブラートはスピードがすべてですから、歌の声の揺れは早すぎるのはいけませんし、遅すぎてもいけません。

1秒間に6回ビプラートを歌の声にかければ、歌うたびにみんなからやり方を教えて!
とせがまれるボーカリストになれるでしょう。
カラオケでもビブラートをかける歌い方ができれば、練習法教えて!とちょっとしたミュージシャンかボイストレーナー気分でしょう。

プロの自由自在にビブラートの発声を行えるシンガーは、長く声を保とうとするときに少々小刻みに音を揺らし、音に豊かさや暖かみを与えています。

ちなみに声楽ではビブラートハあまりよく言われないようです。

プロでもそのボーカリストによってビブラートのやり方は違います。浜崎あゆみのビブラートと、綾香のビブラートは、揺らせ方、伸ばしている声のどこら辺からビブラートをかけるのか等、全部違うのです。

ただし、ビブラート練習で歌に奥行きを持たせるためには、出し方をあれこれ練習するよりも、ビブラートを意識せず、発声方法を正しく行えるようにボイストレーニングをして、歌を喉を絞めずに歌えるようにしましょう。

世に言う腹式呼吸と同じように、ボイストレーニングと称して、たくさんのビブラートのコツややり方が横行しています。
確かにビブラートはテクニックである程度できるようになりますが、完成した美しい本物の声を持ったシンガーが自然に声を出すときの自然なビブラートを得られるのが理想系です。

その上でフレーズに幅を持たせるために、歌に自在にビブラートをかけられるようになるのが目標です。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

バイオリンのビブラート ボイストレーニング方法

バイオリン ビブラートボイストレーニングでのビブラート

喉で出していて、長いこと歌を歌っていると喉が痛くなってしまう、ボーカリストしてはまだまだ本来の発声方法に満たないアマチュアの声の発声方法と、プロのボーカリストの歌い方である全身を使って歌っている、よく言う腹式呼吸を用いた、何時間ものステージに耐えうる正しい発声方法をしている声。

体から思う存分、声が出せるようになるためのボイストレーニング方法についての考察です。
バイオリンをたとえにしてボイストレーニング方法を学んでみましょう。

素人の歌うときの声の出し方と、ミュージシャンもプロの声の出し方はどう違っているのでしょうか?
両者のちがいについての話。
その差を埋めるボイストレーニング方法とは?

ボーカリストが奏でるどんな美しい声も、音楽が得意ではない人が出すがなり声も、声は声帯の振動によってでることには違いありません。

声を美しく、大きく、より心に響くボーカリストの声としてうまく出すためには、声帯をうまく働かせることと、そこで出た声をうまくひびかせることが大切な要素です。
このことはビブラートをうまく出すボイストレーニング方法とは少し違います。

しかし、声帯の使い方や生まれもっての良し悪しだけが声を決めているわけではありません。
つまり、ボイストレーニング方法はある!
というわけですが、

人間の体という楽器をバイオリンにたとえてみると、声帯は、バイオリンの弦にあたります。

人の体をバイオリンの弦に置き換えて、声帯という弦を振わせて音をだすわけです。

そして直接、弦を振わせているバイオリンの弓にあたる役目を果たすのが、肺から出る息です。

息は肺を取り囲む筋肉の働きによって横隔膜を経てコントロールされています。
つまりは息のコントロールが可能ならばどんな声を出すか、どういう音を出すかも操れるというわけです。
バイオリンの音をうまく出す練習がつまり人間の声をうまく出す練習で言うところのボイストレーニングにあたるわけです。

声帯そのものを直接気合で動かすのは不可能なので、息の出し方、呼吸をコントロールすることによって、周辺の筋肉も含めたボイスコントロールを習得していくボイストレーニング方法をやっていけばいいのです。
あなたの声帯というバイオリンの弦を自在に震わせるようになりましょう。

だから、腹式呼吸の訓練が、ボーカリストのボイストレーニング方法では必ず語られるのです。
腹式呼吸にこだわる必要はありませんが、深いところから息を持ってきて声帯に送り込む能率を上げる練習はいるでしょう。

息を使い切る、調節する行為が声をよりよいものにする近道だといえます。

また、声を大きく出すにはどうしたらいいのかというと、またバイオリンという楽器を考えると理解がしやすいかと思います。
声帯を大きくビブラートさせるには大きな力が声帯にかかればいいのですから、大量の息が声帯に向かえばいいのでしょう。

声でどういう音色をつくっていくかも同様で、バイオリンでいう胴の部分にあたる部分で音をどのように共鳴させてあげればいいか工夫すればだけです。

人間の体で言うと、共鳴腔と呼ばれる部分です。

体の共鳴腔は、口腔、咽頭、鼻腔などで、声を共鳴させるにはこの空洞を利用して響かせてあげます。
響かせ方を息の使い方で調節してあげるのです。
共鳴のさせ方の方法はボイストレーニングを実際やらないとイメージがわかないですが。

声を共鳴させてあげる部分の中で一番意識したいのが鼻腔。
とくに鼻腔は私たちの鼻の後ろ側に大きな空洞として存在しています。ポイントは「後ろ」にある点です。

ボイストレーニングで声を出すときは声は後ろに人がいるつもりで出しましょう。
前に飛ばすと声は響いてくれません。
鼻腔に響いていないのです。

鼻腔に響かせてあげるだけで、声はこもらない抜けてくる、しかも太い音となります。
喉の負担も驚くほどなくなるはずです。

どうやって鼻腔に声を送り込むかですが、難しく考えないでください。

体の後ろのほうに声を出すイメージで声を出せばできます。

効果の高いボイストレーニング方法ですが、最初はきちんと後ろに声が出ているのかはわかりにくいと思います。

このボイストレーニング方法を継続していく事でつかめてくるはずなのでがんばってみましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

ビブラート 歌 ボイストレーニング方法

ビブラート

ビブラートはどんなを聴いても、プロボーカリストのにはかかっていることがほとんどです。

実はビブラートの種類によって、かける方法が違います。

などで使うビブラート、ロックのビブラートにジャンルによって冷静にビブラートのかけ方をきいてみると、だいぶ違うように感じませんか?

ビブラートというのはいったい何でしょう。
なぜによってビブラートにも違いが出るのでしょうか?

ビブラートとは簡単にいうと、音程を微妙に上下に震わすことです。
この古江が細かいか、大きなゆれかで印象派まったくちがいます。

ゆれが大きく安定していない場合、ビブラートとはいえず、がうまくないように聞こえます。


自分のの音域のどんな高さ、どんな母音でも思い通りにつけられ
ることも必要です。

ビブラートは取ることも、つけることも自由自在にできないと本物とはいえないでしょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。