ボイストレーニング方法

音域を広げる方法

フルートの音域で鳥のさえずりのごとき声で歌うボーカリストがいたとします。そのボーカリストはどんなボイストレーニング方法を用いてそこまでの声と音域を広げ、手に入れたのでしょうか?

楽器には(クラリネット・チェロ・トランペット・サックス・バイオリン・ホルン・アルトサックス・ギター・ピアノ・トロンボーン・チューバ・ベース・ティンパニ・オーボエ・テナーサックスどの楽器でも音域は存在します)
それぞれ音域があり、どのように練習しようとその範囲は変わりません。演奏者の技術によって出せない音もあるでしょうが、楽器の音域は変化することはありません。
一方、声の音域ボイストレーニングでいくらでも伸ばすことができます。

声の音域音域を広げるトレーニングで伸ばせるのです。
これが声という最もポピュラーな楽器のすばらしいところでしょう。

特に高音域は発声練習によって伸ばしやすいものです。
今出せる音域があなたの声の限界とは決して思わないでください。
音域を広げるためのボイストレーニング方法も存在しますから。

アーティストの音域が広くて、自分は音域が狭いからかなわないと思う必要はまったくないのです。音域は広げ方を知ってしまえば案外らくに広がっていきます。
正しいボイストレーニングをしているならば、音域ばかり意識しなくても広がっていたりしますのでご心配なく。

音域にかんしてはボイストレーニングでもなかなか広げるのが難しいのですが、声の太さに関して言うと、素人の場合、低音域は浅い響きしかないことが多いですから、そういう意味では声を太く響きのいいものに変えていくボイストレーニングが生きてきます。

音域調査を行ってみて今と、ボイストレーニングを行って成長した後と比べてみると、2から3オクターブ広がるケースもある音域のトレーニングを真剣に行いってください。

exileの音域がほしいと庶民的なことは言わずに、マライア・キャリーの音域位を目指してがんばっちゃいましょう。

音域を広げるためのボイストレーニング方法を紹介します。

息をあえて多く含んだ声、(裏声)で「ホー」と発声してみます。
恩肉を広げるために練習をする際に気をつける点として、喉を痛めないようにすることが上げられますから、この方法ですと、無理なく練習できます。

音域から始めて、1つずつキーを上げていきます。
高くて声が出せなくなるキーまで音を上げていきます。

意識は高い音域になるにつれて体の下の方から声を出すつもりで出していきます。
毎日繰り返すkとによって少しずつ音域が広がっていきます。
決して、声帯が今より長く伸ばせるようにするレッスンではなくて、もともと出せるはずの高音域を出せるような体の使い方を覚える練習方法だと思って音域トレーニングを行いましょう。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

1オクターブの音域

カラオケでもライブでも音域がどのくらいあるのか、歌う曲がどのくらいの音域で、どれくらいの音域ならば歌えるのか気になる人はボイストレーニングで音域を広げる発声練習ばかりしてしまいそうなので、それが原因でボイストレーニングが歌の上達を助けるどころか逆に喉を痛める危険もあることを知ってもらいたいです。

声の音域は単に広いだけでは使い物になりません。もちろん音域が広ければカラオケで「こんな高い声が歌える」とうらやましがられることは可能ですが、本当にプロの声を欲しいというボーカリストを目指しているならば音域は最初に気にする声の悩みではありません。

楽器のチェロの音域について語りましょう。
チェロの音域は人間の声域に一番近いといわれている楽器です。
このチェロの音域のことを考えてみてください。
包み込むような豊かな音色と、幅広い音域がチェロの特性です。

チェロがうまく聞こえて、すばらしい音だと思えるのにはその音域よりも音色が大事なわけです。
人間の声も音域がどうのよりも声の音色がボーカリストの歌がいいかわるいかを決定的に決めていきます。

あなたはゾクっとするくらいかっこいい1フレーズを、普段会話で使っている音域の中で出すことができますか?
ボイストレーニングはその素敵な声を出すための方法です。

たとえば音域が1オクターブしかでなくても、1オクターブの中で使う音域がプロの歌として使える声であればいいのです。
1オクターブには計12の音があり、ドレミで書くと、
「ド・ド♯・レ・レ♯・ミ・ファ・ファ♯・ソ・ソ♯・ラ・ラ♯・シ・ド」です。

ボイストレーニングではまずはこの1オクターブの使える音域を作ることに集中しましょう
発声方法が正しいものであるなら、音域は後からついてきます。

高い声への憧れはよくわかりますが、どれだけ高い音域の歌が歌えるかを自慢するのは、ボーカリストとしては非常にレベルの低い話だと思ってください。
ボイストレーニング方法も順序よくやっていかないといけません。
もちろん音域がもともと広かったり高かったりするのは有利であるのは否定しませんが。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

歌 音域

音域

でいう音域(キー)とは何なのでしょうか。
ボイストレーニングとのかかわりあう大事な知識となります。


音域についてですが、たとえば、同じ曲をうときでも、ボーカリストによりの声域が異なり、いやすい高さが違います。

わかりやすい例でいうと、カラオケにいったことはありますよね?

カラオケの機械に付いている、音域(キー)を変える変調機能(キーコントロール)を思い出してみてください。

この音域が高いから、少し下げておう!と、いうときは、音域(キー)を下げると自分のいやすい高さになります。

もちろん音域は高くすることもできます。

ボイストレーニングの予備知識として、この自分にあった音域うということはなぜ必要かという点について再三述べています。

自分の音域によって変えるのではなく、のほうを自分のいやすい、もっとも声が生かせる高さにするのが、ボイストレーニングの方法では推奨しています。

音域(キー)とはその曲の全体の高さを決めるものです。

日本語で言うところの調(ちょう)のことです。

Jpopのロックやポップスの場合、ドレミファソラシの音名を、アメリカの呼び方のCDEFGA Bで呼んだりします。

の楽譜には、よくコードネームという記号が書かれていますが、これは、アメリカの音名が使われています。
楽器の中でギターやピアノを演奏する人にとってはもうおなじみです。

自分の音域を知っているか、いないか、知らないければ最大限に声の魅力を生かせる声の位置をしらないということになります。

ボイストレーニングの時にチェックしてみましょう。

音域/キーについて>
日本音名    ハ ニ ホ ヘ ト イ ロ ハ
アメリカ音名  C D E F G A B C

音域は無理に広げていくことばかり考えずに、使える音域はどこか、、まず知る。

ボイストレーニングで磨きをかける。

その繰り返しで自然と広がっていきます。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

音域 声 ボイストレーニング方法

音域

自分の音域がどのくらいあるのか、どの音からどの音まで出るのかわからない人はボイストレーニングの合間に確認しましょう。

あなたの音域はどこなのでしょうか?

音域は、ピアノを使うと簡単に調べられます。

さくっとやってみましょう。

まず、鍵盤の真ん中の“ド”を弾きます。

そこを基準に、まずは一音ずつ“ド・レ・ミ・ファ…”と音を上げて、それに合わせて歌ってみます。

高くてが出なくなったところが、あなたの音域の上限です。

逆に、一音ずつ音を下げていきます。

の出なくなった所があなたの音域の一番下となります。

正確には、ピアノで出した女性はその音を、男性は音を聞いて、1オクターブ下の音を出しています。

歌で使える音域は、無理のなく、コントロールの効く域であるべきで、音域がなんとか届いていてもきたない音でしかなければ、歌で使うことはできません。

実際に使用できる音域はもう少し狭くなります。

もっと簡単な調べ方は、自分が上から下の音まですべてをギリギリで歌える歌の音域のキーを調べることです。

歌を選ぶときも、自分の音域を知っていれば、楽譜を見れば、自分の音域内におさまっている曲かどうかすぐにわかります。


音域のチェック


ボイトレ前にやってみましょうか?

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

人類の進化がボイストレーニング方法を

人類の進化 声帯

人類の進化声帯にだって関係あるはず。


ボイトレに関係なしに変わっていく声の話。

年とともに声域は広がるっていううわさの真相?

変声期を過ぎた大人ですと、30才を過ぎた後は、年を増すごとに、声質は太くなり、ほんの少しずつ低くなってくるのが普通です。

しかし、これは、声楽家、オペラ歌手などに比べ、ロックやポップスのボーカリストの場合、ほとんど影響はありません。

ボイトレをしている場合さらに影響は減ります。

かえって微妙な声質の変化は、その人の味となり、個性となり、歌を聴くファンを魅了します。

人類が進化してもきっとなくならない「歌」を歌う器官、声帯

人類の進化してもきっとなくなることはない「声」をつかさどる声帯

人類の進化を信用してもいい気がします。

長年活躍し続けるプロのボーカリストの場合などは、年とともに声の深みを増して、声の地位をゆるぎないものにしてきているような気がします。

一般的には、年をとると声帯も変化して、男性はやや高く、女性は低くなるように言われています。

そして老年になると、ほとんど男女とも変わらない声となります。

しかし、年齢による声の変化が、あなたの歌が下手になってしまう原因にはなりえません。

さきほども言ったように、ボイトレをしっかりと行って一段上のレベルに達した声は味が出てきます。

人類の進化声帯にとっても人類に都合のいいように進んできたはずです。

人類の進化というと大げさに感じるかもしれませんが、少々のことで壊れてしまうような期間を人類の進化の課程で残しているほどわれわれの歴史は浅くないと思いませんか?

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

ボーカル スクール

ボーカル スクール

ボーカル スクールでボイトレを行って歌が上達したかたを除いて、高い声と低い声が安定しないことはよくあります。

声域というのは、ボーカル スクールでのボイトレで広がるものですが、声域は生まれつき決まっているから無理だとあきらめる方もまた多いようです。

そこでボーカルスクールに通おうという考えにいきつくわけですかね?

声域は生まれつき決まっているのかということに関しては、結論から言えば、ある程度の範囲内において、決まっています。

ボーカルスクールでの知識として教えていたりしますが、声楽の声種はおよそ声の高さで分けられています。

女性では声の高い順に、ソプラノ、メゾソプラノ、アルト。

男性では、テノール、バリトン、バス。

声域は、その人の声帯や、体格によって決まってきます。

高い方が出しやすい人なのか、低い声がでやすいのかは、それぞれに違います。

高い声域の人には、低い声を出すボーカルスクールでの練習が必要ですし、低い声域の人には高い声を伸ばすボーカルスクールでの練習が必要です。

声域は、ボーカルスクールの練習によって、ある程度は伸びていきます。

おかしなボーカルスクールdなければですが…

ちなみに普通の人の声域は、1オクターブ半くらいといわれています。

これにはかなりの個人差があります。

でもこれくらいの声域があれば、普通の歌を歌うのには充分です。

それよりも、自分の声域内でどのくらい歌えるかということが大切です。

声域を伸ばすことばかり考えている人が多いのですが、自分の持っている声域の声を、より豊かなひびきにすることを、先に考えボーカル スクールにいく方がよいでしょう。

うまいひとの声はどんな高さの音であっても心に響いてきます。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

男声の種類

音域(おんいき)とは、音の高さの範囲のことである。
特に人声の高さの範囲のことは声域と呼ばれる。
ボイストレーニングでも高い声を出したいという要望は多い。

男声の音域の呼び方を解説します。
日本の音楽シーンでボーカリストになりたい方にはどれだけ関係してくるか不安ですが、ボイストレーニングの知識としてはいいでしょう。


ボイストレーニング知識編カウンターテナー(カウンターテノール)

カウンターテノールともいう。
変声を終えた成人男性が裏声(ファルセット)や、極度に高いテノールの声(この場合カウンターテナーではなくオートコントルに分類することもある)を使って、女声のアルトからメゾソプラノの音域で歌うパートをさす。この発声法は、バロック時代にみられた変声前に去勢することで少年の声を保ったカストラートとは、原理を異にする。また、ホルモンバランスの関係で変声を迎えなかった男性や、裏声でソプラノ音域を発声できる場合、カウンターテナーとこれらを区別して男性ソプラノ(ソプラニスト、ソプラニスタ)という。

ボイストレーニング知識編テノール

テノール、テナー(tenore)は、高い声域の男声歌手(カウンターテナーほど高くはない)あるいはその声域のことである。

ソプラノ アルト テノール バス 
4声のコラール形式の和声では、下から2番目に低い声部で、バスより高くソプラノおよびアルトの下にくる。
典型的なテノールはおおよそ中央ハ音の1オクターブ下のハ音から中央ハ音の上のイ音までの範囲の声域を持つ。 音色は、透明感のある明るい声が特徴。胸声によってすべての音域の発声が可能なため、裏声(ファルセット)は通常使用しない(ファルセットを常用するのがカウンターテナーである)。


ボイストレーニング知識編バリトン

バリトンとは男声のバスとテノールの中間の声域および歌手。
男性を音域で二分する場合はバスの側に分類される。
典型的な音域は中央ハの10度下のイ音から4度上のヘ音にわたる。
音域によってハイ・バリトン、バス・バリトンなどに細分化することもある。
後者はバスよりほんの少し高い声域をもつ歌手をいう場合もある。
音色は華やかな、色気のある声が特徴。


ボイストレーニング知識編バス

バス(Bass、英語ではベイスと発音)は、声域としては低い音域の声部をさす。合奏においては低声部はしばしば対位法あるいは対声部を担い、和声法では和音進行を形作ったり並行したりする。
あるいは打楽器を用いてリズムを強調することもある。


ボイストレーニング知識編カストラート

カストラート(CASTRATO)は、中世ヨーロッパに普及した去勢された男性歌手(同じ語源の英語の動詞'castrate'は「去勢する」という意味)。

関連した記事…ランキング
参考にしたいヴォーカリスト…ヴォーカル

おふざけボイストレーニング方法HOMEへ もっとくわしく
実践的な発声練習内容

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。